Terms of Service

利用規約
本利用規約は、Zuva株式会社(以下「当社」といいます)が提供する「ZUVA」(以下「本サービス」といいます)の利用に関する諸条件を定めるものです。会員登録した利用者(以下「ユーザー」といいます)は、その時点から本規約及びプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

第1条(本サービスの概要)

本サービスは、当社が指定する任意の企業の技術開発動向を分析し、当該分析結果及びその関連情報(以下「コンテンツ」といいます)をユーザーが閲覧することのできるサービスです。

第2条(必要環境)

本サービスの利用には、別途当社が定めるスペックを備えたインターネットへ接続できる電子機器等が必要になります。当該電子機器等及び通信料金は、ユーザーがご負担下さい。

第3条(本サービスの会員登録)

1.本サービスの利用を希望する場合は、ユーザーは、当社所定の利用申し込みをする必要があります。当社は、当社所定審査手続に則り、当該ユーザーの会員登録の諾否を決定します。
2.ユーザーは会員登録及び本サービスを利用するにあたり、以下の禁止事項を行わないこととします。
(1)虚偽ないし第三者の情報を登録すること。
(2)アカウントを複数作成すること。
(3)アカウントを第三者に譲渡したり、共有すること。
3.ユーザーは、パスワードを善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。ユーザーは、当社に登録した情報に変更があった場合には、当社の定める方法により、遅滞なく当該情報の更新を行うものとします。ユーザーが当該通知を怠った結果、通知の不到達その他の事由により損害を被った場合であっても、当社はユーザーに生じた損害を賠償する責を負わないものとします。
4.ユーザーのアカウントが権限のない者により利用された形跡に気づいた場合、当該ユーザーは、ただちに当社に通知するものとします。
5.ユーザーは、当社所定の方法により、本サービスに関する自己のアカウントを閉鎖することができるものとします。また、当社は、ユーザーが以下のいずれかに掲げる事由に該当した場合には、事前の通知なく、当該ユーザーによる本サービスの利用を恒久的または一時的に停止することができるものとします。
①ユーザーが本利用規約等に違反したと当社が判断した場合
②当社に登録した情報の全部又は一部に虚偽があることが判明した場合
③本サービスの運営を妨害した場合
④⽀払停⽌若しくは⽀払不能、⺠事再⽣、破産等の⼿続開始の申⽴がなされた場合
⑤⾃ら振出し、若しくは引き受けた⼿形⼜は⼩切⼿につき、不渡りの処分を受けた場合
⑥差押、仮差押、仮処分、強制執⾏⼜は競売の申⽴がなされた場合
⑦租税公課の滞納処分を受けた場合
⑧一定期間本サービスの利⽤がなく、かつ当社からの連絡に対して応答がない場合
⑨その他当社が当該ユーザーによる本サービスの利用を不適切と判断した場合

第4条(本サービスの利用料金)

1.本サービスの利用期間は、本サービスの利用開始日から1年間とします。中途解約はできないものとします。但し、当社又はユーザーのいずれかが期間満了の1カ月前までに更新拒絶の手続を取らない場合、本サービスの利用期間はさらに1年間自動更新するものとし、以後も同様とします。
2.ユーザーは、本サービスの利用料金を、当社指定の方法により支払うものとします。なお、銀行振込による支払いの場合の振込手数料はユーザーにご負担いただきます。
3.ユーザーは、当社所定の方法により、本サービスに関する自己のアカウントを閉鎖しないかぎり、前項の本サービスの利用料金を支払う義務を負うものとします。
4.理由の如何を問わず、当社は、一旦受領した本サービス料金をユーザーに返還しないものとします。

第5条(本サービスの変更・停止・終了等)

当社は、ユーザーへ事前に通知することなく、本サービスを恒久的または一時的に変更、停止、終了すること、ならびにコンテンツを削除することがあります。これによって、万が一、ユーザーが何らかの損害を被ったとしても、当社は理由のいかんを問わず一切の責任を負わないものとします。

第6条(コンテンツの不保証)

1.コンテンツは、当社の独自技術により機械的に収集・分析された情報であり、当社は、その内容の正確性、適時性、ユーザーの特定の目的への適合性等の一切を保証しません。ユーザーは、コンテンツを自らの判断と責任で閲覧、利用することとします。
2.当社が技術開発動向を分析し、コンテンツとして提供する対象企業は、当社の任意かつ単独の裁量によって当社が決定するものとし、当社は、本サービスの分析対象企業に、ユーザーが情報取得を希望する企業が含まれていることについて、何らの保証もしないものとします。
3.当社は、ユーザーが本サービスを利用することにより被ったいかなる損害についても賠償責任も負わないものとします。

第7条(ユーザーの発信した情報の利用)

1.ユーザーは、当社に対し、ユーザー自身が本サービス上で発信した情報(以下「ユーザーコンテンツ」といいます)を分析し、当社のコンテンツとして、全世界的に無償かつ永久に他のユーザーに閲覧させる等の方法により利用する権利を許諾するものとし、著作者人格権を当社及び当社の指定する者に対して行使しないものとします。但し、当社は単独の裁量により、ユーザーコンテンツの全部又は一部を削除することができるものとします。
2.ユーザーは、本サービス上にユーザーコンテンツを本サービス上で発信する場合、公序良俗に反する情報、及び、虚偽情報等を発信してはならないものとします。
3.ユーザーは、ユーザー自身によるアカウントの閉鎖後も、当社が、本サービスを通じ取得した当該ユーザーのユーザーコンテンツを分析し、かかる分析結果を当社のコンテンツとして他のユーザーに閲覧させることができることに同意するものとします。

第8条(著作権等)

本サービスに関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権は、当社に帰属します。また、当社が提供するニュース、雑誌情報等に関わる著作権、商標権その他の一切の知的財産権は、当社または正当な権利を有する情報提供者に帰属します。
2.前各項にかかわらず、当社は、コンテンツに関しては、第三者の知的財産権その他の権利を侵害していないことを保証するものではないことにユーザーは予め同意するものとします。

第9条(禁止事項)

ユーザーは、以下の行為を自らまたは第三者を通じて行わないものとします。
1.本サービスを通じて提供されるコンテンツを、配信、転売等の第三者への提供そのものを目的として利用すること。
2.本サービスのソースコードの改変や派生物の作成、デコンパイル、その他の不正操作を行うこと。
3.自動化された手段(情報収集ボット、ロボット等)を使用して、本サービスにアクセスする行為。
4.当社または正当な権利を有する権利者の著作権、商標権等の知的所有権を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為。
5.当社の通信設備、コンピューター、その他の機器およびソフトウェアに不正にアクセスし、または、その利用もしくは運用に支障を与える行為または与える恐れのある行為。
6.ウイルスまたはその他の悪質なコードをアップロードする行為。
7.他のユーザーのログイン情報を求めたり、他人のアカウントにアクセスする行為。
8.上記各号のほか、本サービスの運営妨害、当社の信用毀損及びその他の当社に不利益を与える行為。

第10条(個人情報の保護)

当社は、当社のプライバシーポリシーにしたがって、ユーザーの個人情報を適切に取り扱うものとします。ただし、当社は、情報の漏洩、消失、他者による改ざん等が完全に防止されることについてのユーザーに対する保証を一切行わないものとします。また、ユーザーは、本サービスに関連して取得された個人情報が、本サービス運営に必要な設備が設置されている第三国に転送され処理される場合があることを予め承諾するものとします。

第11条(免責)

当社は、ユーザーに対し、本サービスの一切の動作保証を行わず、本サービスが動作しなかった場合といえども、いかなる瑕疵担保責任、損害賠償責任も負わないものとします。

第12条(損害賠償)

ユーザーが本利用規約及びその他当社の定める諸規定に違反したことにより、当社及び当社が業務提携する事業者等を含む第三者に損害を及ぼした場合、当該ユーザーは、かかる損害を賠償する責任を負うものとします。

第13条(反社会的勢力の排除)

1.当社及びユーザーは、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等社会的運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準する者(以下「暴力団等」といいます)に該当せず、また、下記の各号のいずれかにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
①暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
②暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
③自己又は第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加えることを目的として不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
④暴力団員等に対して資金等を提供し、又は、便宜を供与していると認められる関係を有すること
⑤役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員と社会的に非難される関係を有すること
2.当社及びユーザーは、自ら又は第三者をして、下記のいずれかに該当する行為を行わないことを確約するものとします。
①暴力的な要求行為又は脅迫的な要求行為
②法的な責任を超えた不当な要求行為
③その他上記各号に準ずる行為
3.当社は、ユーザーが前2項のいずれかに該当したと判断した場合、事前の催告なく、本サービスの登録の拒否、登録抹消、利用拒否できるものとし、これによりユーザーに損害が生じた場合といえども、当社は何らその損害を賠償する責を負わないものとします。

第14条(合意管轄等)

本利用規約の準拠法は日本法とし、本利用規約に関連してユーザーと当社との間で生じた紛争については、一般社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って仲裁により最終的に解決されるものとし、仲裁地は日本国東京とします。

第15条(本規約の変更)

1.当社は、ユーザーへ事前に通知することなく、本規約の変更を行うことができるものとします。
2.当社は、変更後の本規約を当社のウェブサイト上で公開し、公開された時点からユーザーはその規約に同意したものと看做します。

以上