ニュース&コラム | 2020-01-14

Zume CEOからのメモ: ピザ事業からの撤退、今後はパッケージ事業のみに集中

シェア

Natasha Mascarenhas, January 10, 2020

今日の午後、Crunchbase NewsはZume CEOのAlex Gardenからスタッフに当てた手紙を入手し、Zume はPizza事業からは事実上撤退し、パッケージ事業に集中していくと説明されたことを確認した。 また、従業員の解雇については、先日報じられた80%以上ではなく、53%程度だと指摘したうえで、将来的には100以上の求人募集をする予定だとした。以下、Zume CEOの手紙の内容を抜粋して掲載する。

「Zumeチームの皆さん、5年ほど前にZumeを設立して以来、私たちはグローバルなフードシステムの改善のために、挑戦的で革新的なソリューションを生み出す機会に恵まれてきました。私たちの取り組んできた課題は、より一層持続可能な方法で、食料生産、配送、パッケージ化するための新しい方法を含めて、広範囲に及んでいました。今日、私たちの使命は変わらず、これまでと同じように大胆な思考が必要とされますが、集中するべき分野を決めて取り組みたいと思います。」

その後、Gardenは、2020年の戦略計画は、Zumeのパッケージ事業を「強力にサポートする予定だ」と述べた。 6月には、Crunchbase Newsで、ZumeによるCamarillを拠点とするPivot Packagingの買収に関する記事を掲載した。記事の中で、Gardenは、Pivot Packagingの核心的な技術と機械は、Zume がプラスチック製のボックスを製造するのを支援し、Zumeがより多くの受注への対応が可能になるよう支援すると説明されていた。 また、Garden氏はZumeはPivot Packagingの10人のスタッフも雇用したと話していた。

「我々は、サトウキビを収穫し、素晴らしい形で堆肥化出来るものに作り替えます。」とGarden氏は6月のインタビューで述べた。 「本質的に、当社の規模が拡大するにつれて、世界を救うのに役立つと確信しています。」

その結果として生じる従業員の解雇について、Garden氏はスタッフへの手紙で次のように述べている。

「今回、このような意思決定をするのは非常に苦痛でした。なぜなら、これまで一緒に働いてきた皆さんの才能がなければ、当社は現時点のような成功には到達できなかったからです。私たちは、今回退職される従業員の方向けに退職プログラムを用意しました。次のキャリアに早期に移行出来るよう、会社として出来る限りの用意をしました。」

Garden氏は手紙の中で、同社は「米国、インド、その他のグローバルマーケットで工場施設と製造機能を拡大していく」と説明している。

出典:crunchbase news