ニュース&コラム | 2021-05-24

AppOmniが$40MのシリーズBを完了し、SaaSのセキュリティが本格化

シェア

Chris Metinko April 21, 2021

サンフランシスコを拠点とするAppOmniは、4,000万ドルのシリーズBを調達しました。これは、職場で使用されるSaaSアプリケーションの増加に伴い、多くの企業がセキュリティを確保する方法を検討しているためです。

今回の新規ラウンドは、Scale Venture Partnersがリードし、Salesforce VenturesとServiceNow Ventures、既存の投資家であるClearSky、Costanoa Ventures、Inner Loop Capital、Silicon Valley Data Capitalが参加しました。2018年に設立された同社は、これまでに5,300万ドル以上を調達しています。

AppOmniは、企業が従業員が使用するアプリケーション(アプリに出入りするデータを含む)のセキュリティを確保するのに役立ちます。Zoom、Microsoft Teams、Slackなどのプラットフォームに従業員が依存するようになり、SaaSアプリケーションが企業の業務環境全体で爆発的に普及するにつれて、その重要性は高まっています。

より多くの企業がSaaSアプリケーションを急速に採用していることから、AppOmniは資金調達の時期が来たと確信しました。

「今回の投資は、当社の成長を妨げるものではありません」と共同創設者兼CEOのBrendan O’Connor氏は述べています。

環境の変化

従来、企業はネットワークの境界やエンドポイントのセキュリティを追求することが多かったが、アプリケーションが新しいビジネスのOSになりつつある今、新しいSaaSのセキュリティが必要になりました。

「アプリケーションはエンドポイントではなく、クラウド上で実行されています。」と彼は言いました。

O’Connor氏によると、SaaSセキュリティの必要性は、AppOmniを2019年から2020年にかけて900%以上の成長に導いたと言います。

ScaleのパートナーであるAriel Tseitlin氏は、主要なSaaSプラットフォームが実際のOSになりつつあり、提供されているものよりも優れたセキュリティを必要としていることに気づいたため、同社は昨年、クラウドアプリケーションセキュリティの未来を特定するために大規模なリサーチアプリケーションを開発したと述べています。

「AppOmniがシリーズBの準備をしていたとき、我々にとって適切な投資であることに迷いはありませんでした。」とTseitlin氏は述べています。

成長する市場

SaaSアプリケーションに関するセキュリティは、投資家の間で人気があることが証明されています。先週、ニューヨークを拠点とするDoControlは1,000万ドルのシリーズAを調達し、AppOmni、Obsidian Security、Altitude Networksなどが存在する市場での競争に挑みました。

O’Connor氏は具体的な競合他社の名前は挙げませんでしたが、50人以上の従業員を抱える同社は、旧来のクラウドアクセスセキュリティブローカーやペネトレーションテスト会社と一定のレベルで競合していると述べています。

競合他社に関わらず、SaaSアプリケーションの利用が増え続ける中で、O’Connor氏とTseitlin氏の両氏は、同社が独立した会社に成長する大きなチャンスがあると述べています。

「これは巨大な市場機会です。」とTseitlin氏は述べています。「企業は平均して100以上のSaaSアプリケーションを使用しています。クラウドアプリケーションがロングテールのアプリケーションに対して安全であることが何を意味するかの標準を定義することは、さらに大きな可能性を秘めています。」

crunchbase news

AppOmniの詳細情報