ニュース&コラム | 2021-04-08

Compassが株式公開へ、CEOは増資の目標達成を表明

シェア

Sophia Kunthara, April 1, 2021

テクノロジーを駆使した不動産会社であるCompassは、IPO価格を約12%上回る20.15ドルで初日の取引を終えました。

同社は、1株あたりの価格を目標変動幅の下限である18ドルに設定していました。Compassは、IPOにより約4億5000万ドルを調達し、木曜日にはIPO価格を約22%上回る21.25ドルで取引を開始しました。

当初同社は、23ドルから26ドルの間で価格帯を設定していましたが、水曜日に18ドルから19ドルの間に下げました。

CEOのRobert Reffkin氏は木曜日のインタビューで、取引開始初日の株価のパフォーマンスに満足していると述べました。

「目標を達成しました。」「我々の目標は価格や評価ではなく、事業に資金を供給するために一定の資本を調達することでした。」

Compassはハイテク企業として認識されていますが、事業内容はほぼ伝統的な不動産仲介会社と同じです。Compassが他と違うのは、不動産業者が自分自身や物件をより良く売り込むための一連のデジタルツールを提供していることです。不動産業者は、Compassの顧客関係管理プラットフォームやツールを使って、デジタルビデオ、広告、ニュースレターを作成することができます。

Compassを設立するきっかけとなったのは、Reffkin氏の母親で、彼女はReffkin氏の人生の大半を不動産業者として過ごしました。彼女は現在、Compassのエージェントを務めています。

「私は幼い頃から、彼女が起業家であること、そしてすべてのエージェントがそうであることを知っていました...しかし、一方で、エージェントは十分なサービスを受けていない顧客層であることも知っていました。必要なツールがなくて苦労しているのを見ました。」

Compassがテクノロジー企業であるか、不動産企業であるかについて、Reffkin氏は、会社の主な目標はエージェントの成功を支援することであり、主にテクノロジーを通じてそれを実現していると述べました。同氏によると、従来の証券会社では研究開発への投資は最小限に抑えられており、エージェントは自分の仕事をするために9つの異なるソフトウェアプロバイダーを使っていることが多いということです。

「もしあなたが商売人であれば、必要なものはすべてShopifyで揃えることができます」とReffkin氏は言います。「不動産エージェントにも同じことが必要であり、またそうする価値があります。」

CompassのIPOは、住宅用不動産市場にとって忙しい年の後に行われました。Compassは、過去1年間で約5,000のエージェントを同社のプラットフォームに加えました。

Compassは、SoftBank Vision FundやIVPなどの投資家に支えられています。

crunchbase news

Compassの詳細情報