プレスリリース | 2021-03-10

【プレスリリース】自社に適した世界の有力スタートアップを自動的に発見 「データ連携サービス」を3月10日提供開始

シェア

海外スタートアップの分析情報プラットフォーム「ZUVA(読み:ズウバ)」を運営するZuva株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:櫻井崇之)は、「ZUVA」の新機能として、自社に適した世界の有力スタートアップを自動で発見することができる「データ連携サービス」を2021年3月10日に提供を開始します。

ZUVAは、100万社以上の海外スタートアップの情報を持っており、現地に行けない状況下でも新規事業のアライアンス先を探し、新規事業を始めるための情報が分析できるプラットフォームです。
今回の新機能である「データ連携サービス」は、過去に面談したスタートアップ企業やニュース記事などで気になるスタートアップの社名やURL情報をもとに、   ZUVAスタートアップデータベースから独自AIを駆使し、類似性や周辺カテゴリに属するもの、今後注目を集める可能性のあるスタートアップを自動に抽出、通知することが可能となりました。

Web画面から企業名、URL情報を記入したCSVファイルを投入(Step1)することにより、アタックリストとして最大300社の類似性、周辺カテゴリに属する、または今後注目を集める可能性のあるスタートアップを世界中から自動的に抽出リスト化する(Step2)サービスを実現しました。


(*)アタックリストは日々更新されます

世界中で未だ終息が見えないCOVID-19のパンデミック下に於いても、世界中で新サービス新技術を要するスタートアップの勃興、GAFA(※)などのビックテック企業の分野に対する投融資が活発に行われています。一方、国を跨ぐ移動などに制限があり、有望なスタートアップを探す活動が十分行えない状況もあります。本サービスを活用することで渡航できない、有望なスタートアップを探す活動がしづらいといったジレンマを解消する一翼を担えるサービスとなっております。

Zuvaはこれからもクライアント企業様の新規サービス、研究開発のテーマと、世界のスタートアップの動向を常にフォローし、サービスを目指してまいります。

【ZUVA について】


「ZUVA」は、世界100万社のスタートアップ企業データベースを持つ分析情報プラットフォームです。「GAFA(※)がどういった分野に注力しているか」「ライバル会社がどのような分野に注力しているか」「自社が注力している分野にどういったスタートアップが活動しているか」等、知りたい情報を色々なストーリーで、素早く、安価で、的確に「新規事業のネタ」となる「ユニークな技術サービスを提供する世界のスタートアップを見つける」ことが出来ます。
また、国別、カテゴリ別、ビックテック企業の動向、有力投資家など様々な検索軸と独自AI機能を用いて、世界中の有力スタートアップ情報、人的情報などを発見することを実現しています。
更に、米国、中国との強いネットワークを通し「日本に進出したい」「日本の企業と提携したい」と考える有力スタートアップを揃え「海外スタートアップとすぐに協業し新規事業創造に動き出せる」のもZUVAのプラットフォームの特徴です。
※米国を代表するテック企業Google, Amazon, Facebook, Appleの頭文字を並べた呼称

◆会社概要
企業名:Zuva株式会社
代表者:代表取締役 櫻井崇之
本社所在地:東京都中央区日本橋人形町3丁目7-6 LAUNCH7F
設立:2017年12月27日
資本金:138,950,000円
事業内容:海外スタートアップに特化した情報プラットフォーム「ZUVA」の運営
ホームページ:https://zuva.io/
ZUVA Pro無料トライアル:https://zuva.io/plans
YouTube(ZUVA TV):https://www.youtube.com/channel/UCcK9SoQ9n5KH3IMnwe-4Row