ランキング | 2021-01-27

トルコの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop7

シェア

トルコの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop7

トルコのスタートアップ企業を、未上場の企業に焦点を絞り、資産調達額(≒時価総額)順に紹介していきます。

【トルコの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop7】
7位 Lidya Yazılım Danışmanlık(1,500万$)
6位 MobileX(1,500万$)
5位 Joygame(1,500万$)
4位 Codeway(1,600万$)
3位 Modanisa(2,550万$)
2位 Getir(4,200万$)
1位 Vivense Home & Living(1億4,860万$)
※未上場企業の資産調達額は、時価総額とほぼイコールであると考え、資産調達額(≒時価総額)の順にスタートアップ企業を紹介していきます
(2020年10月末時点)

本記事で紹介する多くの企業は、インターネット関連、特にEC・オンラインショップを中心にビジネスを展開しています。
扱う商材も独特、独自の強みを打ち出している企業も多く、トルコならでは特色が表れる結果となりました。
トルコではどのようなサービスが人気を集め、今後成長していくのか、記事を読み進めていくことで見えてきます。

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング7位】Lidya Yazılım Danışmanlık

Lidya Yazılım Danışmanlıkは、旅行に関するあらゆるサービス・ソフトウェアを提供するスタートアップ。2010年にイスタンブールで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1,500万$です。

Lidya Yazılım Danışmanlıkは、「オンライン上の旅行代理店」ともいうべきプラットフォームを開発。個人と組織に対して、「手軽な旅行」を提供しています。
プラットフォームからあらゆるデータを提示し、ユーザーは行き先やプランを見比べながら、旅行の予約をオンラインで済ますことが可能です。

独自開発したソフトウェアにより、次のような処理を、スピーディーに完結できます。
・フライトチケットの発行
・ホテルやレンタカーの予約
・旅行保険の手続き
・ビザの取引

旅行の煩雑な手続きをなくし、忙しい人でも気軽に旅行を楽しめるようにすることが、Lidya Yazılım Danışmanlıkのミッションです。

Lidya Yazılım Danışmanlık
主要拠点:イスタンブール
設立:2010年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):1,500万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング6位】MobileX

MobileXは、マーケティング戦略に焦点をあて、モバイルアプリを開発するスタートアップ。2020年にイズミルで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1,500万$です。

本記事で紹介するスタートアップの中でも、特に新しい企業であるMobileX。創設時から最先端のテクノロジーとデータ分析を取り入れ、2020年10月現在、160ヵ国に1億2,000万を超えるユーザーを抱える急成長スタートアップです。

アプリの構築は、ブレーンストリーミングからはじまります。メンバー同士が意見を出し合い、突飛なアイデアも否定せず、知的なリソースを最大限に活かします。
製品化は「美しく使いやすいUX」を重視して進められ、インフラの構築からマーケティングまでを、自社で行うのが特徴です。

ちなみに、MobileXが最も力を入れているのが、マッチングアプリ「Aura」です。
従来的なマッチングアプリと異なり、「ライフスタイルによるマッチング」をコンセプトにしています。

Auraでは「その人がよく行く場所、大切にしている場所」がライフスタイルを語るという考えのもと、位置情報からユーザーのプロファイルを作成。
ライフスタイルや価値観のマッチした、いわば「話の合う相手」とのマッチングをもたらし、「より社交的な社会」をつくろうとしています。

MobileX
主要拠点:イズミル
設立:2020年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):1,500万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング5位】Joygame

Joygameは、トルコで最もポピュラーなオンラインゲームパブリッシャー。2009年にイスタンブールで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1,500万$です。

ゲームパブリッシャーとは、ゲームの企画や宣伝、リリースなどを行う会社のこと。Joygameは、オンラインゲームやモバイルゲームを中心に、ゲームに必要な「ソフトウェア開発」「品質管理」「マーケティング」などを提供しています。
韓国のゲーム開発会社「Netmarble」と連携し、モバイルゲーム開発を行う準備も進めている、精力的なスタートアップです。

Joygameが提供するサービスの1つに、オンラインゲームのプラットフォームがあります。Joygameのプラットフォームには、FPSやRPG、ボードゲームなど、あらゆる種類のゲームが揃えられ、29ヵ国以上に2,100万を超えるユーザーを抱えています。

トルコのゲーム業界・コミュニティの成長に寄与したと、34を超えるさまざまな賞を獲得してきました。

Joygame
主要拠点:イスタンブール
設立:2009年
推定従業員数:101名
資金調達額(≒時価総額):1,500万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング4位】Codeway

Codewayは、モバイルアプリケーションを開発するスタートアップ。2020年にイスタンブールで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1,600万$です。

本記事で紹介するスタートアップの中でも、特に設立年度が新しいCodeway。設立直後に、1度の資金調達で、1,600万$を調達することに成功しました。
さらに、2020年10月現在では設立1年未満であるにもかかわらず、6,500万ユーザーを突破した製品もあります。

Codewayが成功した理由の1つに、「スタートアップならではのチームワークを活かしている」ことが挙げられるでしょう。

技術はもちろん、強い情熱をもつメンバーでチームは形成され、彼らは自由に働いています。ルールやマニュアルのようなものは、Codewayではあまり重視されません。

「誰が、どのプロジェクトに関わっているのか」も、あまり気にしません。
すべてのメンバーが「Codewayと製品をより良くすること」を最優先に考え、チームやプロジェクトの垣根を越えて、互いにサポートし合っています。メンバー同士で足りない技術を補い、自らの技術と経験を、ほかのメンバーに惜しみなく伝えるのです。

そんなCodewayが何より大切にしているのは「組織がフラットであり、すべての決定が100%の透明性をもっていること」です。
Codewayの成長は、スタートアップならではの良さを、今後も維持していけるのかにかかっています。

Codeway
主要拠点:イスタンブール
設立:2020年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):1,600万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング3位】Modanisa

Modanisaは、女性イスラム教徒のためのオンラインショップを展開するスタートアップ。2011年にイスタンブールで設立され、資金調達額(≒時価総額)は2,550万$です。

Modanisaが主に扱うのは、「モデストファッション」と呼ばれる、「露出や身体のラインが出ることを控えたファッション」です。イスラム教の教えを守りながら、お洒落を楽しめるとして、2019年から注目を集めるようになりました。

モデストファッション流行の背景には、Modanisaの存在があります。

Modanisaの創業者もまた、敬虔な女性イスラム教徒。彼女がModanisaを創業した頃、女性イスラム教徒にとってのファッションは「選択肢のない、楽しめないもの」でした。
教えを守るために、年代や趣味にかかわらず、全員がほとんど同じ格好をせざるを得なかったからです。

「本来楽しいはずのファッションを、楽しめない」ことに疑問を抱いた彼女は、Modanisaを設立。
「教えを守りながら、ファッションを楽しむにはどうしたら良いか」を考え、オンラインショップを通して、「新しいモデストファッション」を発信し続けてきました。

2020年現在では、モデストファッションの幅は広がり、多くの女性イスラム教徒がファッションを楽しんでいます。

特に注目したいのが、顔全体を覆う「ヒジャブ」。女性イスラム教徒が真っ黒な布で、顔全体を覆っているのを、誰しも1度は見たことがあるでしょう。
かつての「真っ黒でデザイン性のないヒジャブ」は、「華やかな色と柄をもつ、デザイン性の高いヒジャブ」へと、変わりつつあります。

Modanisa
主要拠点:イスタンブール
設立:2011年
推定従業員数:101名
資金調達額(≒時価総額):2,550万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング2位】Getir

Getirは、日用品のECを展開するスタートアップ。2015年にベシクタシュで設立され、資金調達額(≒時価総額)は4,200万$です。

Getirの特徴は、「配送の早さ」。ECアプリで扱われている「1,500以上の日用品」は、昼夜を問わず、注文後わずか数分で配送されます。
2020年10月現在では、トルコの主要な9都市で「昼夜を問わない数分の配送」を行っているというから、驚きです。自宅や職場、公園など、あらゆる場所への配送が可能です。

また、クレジットカードやデビットカードを1回利用するだけで、以降はパスワード入力の手間もなく利用できるのもポイント。万全のセキュリティと手軽さを両立させたサービスであり、2020年5月には、利用者200万人を突破しました。

Getirの成長の背景にあるのが、「先輩起業家との繋がり」です。

トルコは「起業家同士の繋がりが強い国」として知られています。
例えばイスタンブールに拠点を置く、800以上のテック系企業の3割は、イスタンブールを代表するテック系企業4社と、さまざまな繋がりをもっています。
繋がりと一口にいっても、「投資」「過去に在籍していた経験」「メンターとしての関係性」など、形態はさまざまです。

Getirも、EC立ち上げから2020年のCOVID-19パンデミックまで、色々な場面で先輩起業家からのサポートを受けてきました。
Getirの時価総額(≒資金調達額)4,200万$は、先輩起業家からの支援総額ともいえるのです。

創業者自身も、「先輩起業家が後輩起業家をサポートすることは、今まで以上に重要になっていくだろう」と語っています。

Getir
主要拠点:ベシクタシュ
設立:2015年
推定従業員数:251名
資金調達額(≒時価総額):4,200万$

【トルコの未上場スタートアップ・時価総額ランキング1位】Vivense Home & Living

Vivense Home & Livingは、トルコで家具のオンライン販売を行うスタートアップ。2013年にイスタンブールで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1億4,860万$です。

ほかの「未上場スタートアップの時価総額ランキング」で1位として紹介している企業にも、オンラインでの販売や決済に関するスタートアップは多いです。しかし、「家具」という分野は珍しく、2位以下の「オンライン販売」が占める割合も、トルコは群を抜いています。

Vivense Home & Livingの役割は、「消費者」と「家具メーカー」を繋ぐことです。Vivense Home & Livingが扱うのは、自社でデザイン・製造した家具ではなく、ほかの「家具メーカー」が作った家具。消費者はオンラインで好きなメーカーの家具を選び、自宅まで配送してもらえます。

Vivense Home & Livingのオンラインショップは、特定のカテゴリではなく、ベッドからランプ、キャビネットまで、あらゆるカテゴリの家具を扱う大規模なもの。もちろん、カテゴリごとの商品種類も充実しています。例えばランプなら、シェードランプやシーリング、シャンデリアまで、さまざまなデザインのものを取り揃えています。

2位・Getirの時価総額4,200万円$と、1億$を超える差をつけたVivense Home & Living。
家具の種類と便利な注文方法により、顧客満足度を追求してきたことが、成功の理由といえるでしょう。

Vivense Home & Living
主要拠点:イスタンブール
設立:2013年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):1億4,860万$

トルコの未上場スタートアップからわかる、「パーソナライズ」の重要性

トルコの未上場スタートアップの時価総額(≒資金調達額)を見ていくと、インターネットやモバイルに関するビジネスが、特に注目されていることがわかりました。
家具のオンラインショップを展開する「1位・Vivense Home & Living」を筆頭に、配送の早さにこだわった日用品EC、女性イスラム教徒にターゲットを絞ったファッションショップなど、「独自のターゲットや強みを打ち出したEC」がランキングの大部分を占めています。
また、オンラインゲームや旅行のプラットフォームなど、「娯楽」に焦点をあてたビジネスも、トルコでは成功しています。

トルコのビジネスにおいて、何が重要なのか。ランキングからは、2つのことが見えてきました。
「パーソナライズ」と「日常を楽しむこと」に焦点をあてたビジネスが、トルコでは成功しているのです。

モデストファッションがテーマのオンラインショップを展開する「Modanisa」を見れば、よくわかるでしょう。
今までの女性イスラム教徒は、「ファッションという日常のこと」を楽しめていませんでした。しかし、Modanisaの登場により、ファッションは彼女たちにとって「楽しいもの」へと変わりました。

1位のVivense Home & Livingも、自社製品ではなく、さまざまなメーカーの家具を扱ったオンラインショップで、人々に「選ぶ楽しさ」を提供しています。

人々の「パーソナライズされた好みや価値観」に合わせて、サービスを展開しているのです。
ライフスタイルを基にしたマッチングアプリが人気を集めていることからも、パーソナライズに焦点をあてることの重要性が見えてきます。

世界各国のスタートアップ企業の動向や、各分野の投資動向などは、ZUVA Proでチェックできます。もちろん、トルコでのビジネスの動きや注目分野もお伝えしていきます。ぜひZUVAのメディア・データをご活用ください。

ZUVA
https://zuva.io/

YouTubeチャンネルで、著名なコメンテーターを招いて「動画コンテンツ」も配信しています!

ZUVA TV
https://www.youtube.com/channel/UCcK9SoQ9n5KH3IMnwe-4Row