ランキング | 2021-01-20

ロシアの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop9

シェア

ロシアの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop9

ロシアのスタートアップ企業を、未上場の企業に焦点を絞り、資産調達額(≒時価総額)順に紹介していきます。

【ロシアの未上場上スタートアップ企業・時価総額ランキングTop9】
9位 YouDo.com(2,420万$)
8位 BIGLION(2,500万$)
7位 Playnatic Entertainment(3,000万$)
6位 New Cloud Technologies(3,500万$)
5位 Enforta(4,000万$)
4位 SberMarket(5,950万$)
3位 Wikimart(8,760万$)
2位 KupiVIP(1億1,960$)
1位 OZON.ru(6億8,710$)
※未上場企業の資産調達額は、時価総額とほぼイコールであると考え、資産調達額(≒時価総額)の順にスタートアップ企業を紹介していきます
(2020年10月末時点)

ロシアの未上場スタートアップランキングを見ていくと、インターネット上で提供されるサービスをへのニーズの高さがわかります。
多くがオンラインショップを運営する企業であり、ほかにもオンラインゲームやクラウドでソリューションを提供する企業など、インターネットありきのビジネスを展開する企業がランキングのほとんどを占める結果となりました。
ロシアではどのようなビジネスが注目を集め、どんな分野に今後ニーズが集まるのか、記事を読み進めていくことで見えてきます。

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング9位】YouDo.com

YouDo.comは、家のメンテナンス業者を中心に、さまざまな業者と利用者を繋ぐオンラインプラットフォームを運営するスタートアップ。2012年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は2,420万$です。

YouDo.comのプラットフォームには、家の修理業者やクリーニング業者を中心に、幅広い業者・専門家が登録しています。

【登録業者の一例】
・修理、建築関連
・ハウスクリーニング
・輸送関連
・PCやデジタル端末の修理
・Web開発
・法律関連
・さまざまなジャンルの家庭教師

利用者はプラットフォームから、利用したいサービスや業者を選び、幅広いサービスが受けられます。
日本でいう「チケット制のお手伝いサービス」をイメージすると、わかりやすいでしょうか。

プラットフォームからサービスを提供する業者は150万を超え、YouDo.comが業者の審査を行い、「信頼できる業者」として登録する制度もあります。
また、2020年10月現在で、業者へのカスタマーレビューは100万件を超えています。利用者はどの業者からサービスを受けたいか、レビューを見ながら慎重に検討できるのです。

YouDo.com
主要拠点:モスクワ
設立:2012年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):2,420万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング8位】BIGLION

BIGLIONは、旅行やフィットネス、エンタテイメントなどの幅広いレジャーを提供する、オンラインプラットフォームを運営。2010年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は2,500万$です。

プラットフォームでは子供向け・家族連れ向けのものから、個人向けのものまで、幅広いサービスが選べます。
プールや遊園地、レストランなど、さまざまなレジャーを予約可能。宿泊を伴う場合は、ホテルの予約も同じプラットフォームから行えます。

特徴的なのが、ただ予約ができるのではなく、50~90%の割引価格で予約できる点です。
あらゆるレジャーを安価で利用できるとして、人気を集めています。

BIGLION
主要拠点:モスクワ
設立:2010年
推定従業員数:5,001名
資金調達額(≒時価総額):2,500万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング7位】Playnatic Entertainment

Playnatic Entertainmentは、オンラインゲームを中心とした、ゲーム関連のエンターテイメントを提供するスタートアップ。2009年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は3,000万$です。

通常、オンラインゲームの開発とローカライズ(国や地域ごとに、ゲームの内容や表現を調整していく作業)は、別々に行われます。Playnatic Entertainmentでは、ゲームの開発からローカライズまでを自社で行う、珍しいタイプのゲーム会社です。
また、プレイヤー向けのWebサービスも自社で展開。「ゲームに関するさまざまなことを、ワンストップで行う会社」として捉えると、わかりやすいでしょう。

ロシア国内だけでなく、上海をはじめとする諸外国への展示会にも出展。国際市場でのゲームのライセンスについて、協議を行いました。
プレイヤーにとって楽しいだけでなく、アクセスしやすく遊びやすいゲームを作ることをミッションとしています。

Playnatic Entertainment
主要拠点:モスクワ
設立:2009年
推定従業員数:11名
資金調達額(≒時価総額):3,000万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング6位】New Cloud Technologies

New Cloud Technologiesは、クラウドテクノロジーを扱うスタートアップ。2014年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は3,500万$です。

リモートワークやダイバーシティ(働き方を含め、企業内の多様性を認める運動)の広がりにより、インターネットを通してソフトウェアを使ったり、ビジネスツールを使ったりできる「クラウド」のニーズは高まり続けています。
New Cloud Technologiesは、大容量の記憶装置と複雑な処理をインターネット上で提供することで、多様な働き方のいわば「インフラ」を整備しています。

電子ドキュメントエディタの分野で、経験豊富な従業員を集め、開発チームを構成。開発センターとは別に、コンピューターテクノロジーの研究・開発を行う、専用の研究センターも自社で保有しています。

PCではMicrosoft Windows、Mac、LinuxのOS。モバイルデバイスではiOS、Androidベースのスマートフォンとタブレットに対応。
ドキュメントを安全に保管・処理するためのセキュリティ対策も万全です。

安全性と信頼性が認められ、New Cloud Technologiesが提供するオフィスアプリケーションは企業だけでなく、政府機関や教育機関でも利用されています。

New Cloud Technologies
主要拠点:モスクワ
設立:2014年
推定従業員数:101名
資金調達額(≒時価総額):3,500万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング5位】Enforta

Enfortaは、電話やインターネット関連のソリューションを提供するスタートアップ。2003年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は4,000万$です。

ロシア国内を対象にサービスを展開し、564以上の地域に57,000以上のユーザーを保有。24時間365日体制で、すべての地域に万全のサポートも提供しています。
4日でインターネット回線を開設でき、障害時が4時間で復旧可能。スピーディな対応が特徴のスタートアップといえるでしょう。

インターネット回線に関しては、固定回線だけでなく、Wi-Fi回線にも対応。
個人と企業、双方に最適な方法で、快適な通信環境を提供しています。

Enforta
主要拠点:モスクワ
設立:2003年
推定従業員数:不明
資金調達額(≒時価総額):4,000万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング4位】SberMarket

SberMarketは、食品を専門としたオンラインショップを運営するスタートアップ。2013年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は5,950万$です。

SberMarketは、世界最大の国土面積をもつロシアのあらゆる地域で、当日配送に対応しています。2020年10月現在では、130以上の都市に対応。
SberMarketが、「ロシア最大のオンライン食品ストア」といわれる理由を、データで見てみましょう。

注文数:約2万件/日
(重量換算で400t)
利用者数:50万世帯
利用企業数:約1万社

まさに、個人・企業、ともにロシア最大級の利用者数を誇るサービスです。
定期便、配送時間の指定も可能。2,000以上の卸売業者とパートナー関係を結び、多くの商品を割引価格で販売できるのも、SberMarketがユーザー数を伸ばし続けてきた大きな理由でしょう。

設立当時はInstamartという名前であり、合弁を経て、2019年にSberMarketに名前が変わりました。

SberMarket
主要拠点:モスクワ
設立:2013年
推定従業員数:501名
資金調達額(≒時価総額):5,950万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング3位】Wikimart

Wikimartは、ロシア国内向けのECプラットフォームを展開するスタートアップ。2008年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は8,760万$です。

ECサイトを開きたい企業は、Wikimartのプラットフォーム上で、無料でショップを開けます。WikimartはECサイトを運営する各企業から、販売価格の3%の手数料を請求することで、利益を得ます。
プラットフォーム上では、注文処理や会計・法律関連のサポートが受けられ、EC運営に必要なさまざまなツールを利用できます。

BtoCのマーケットプレイスとして、消費者・小売業者、多くのユーザーを獲得してきました。

Wikimart
主要拠点:モスクワ
設立:2008年
推定従業員数:501名
資金調達額(≒時価総額):8,760万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング2位】KupiVIP

KupiVIPは、オンラインでファッションストアを展開するスタートアップ。2006年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は1億1,960万$です。

KupiVIPは、ハイブランドのファッションアイテムや、ソファやベッドといったインテリアアイテムを中心に扱っています。メーカーや売買の仲介ではなく、小売業者にあたり、厳しい品質チェックと価格の安さで顧客を獲得してきました。2020年現在では、600万人以上のユーザーを抱え、Webサイトや専用のモバイルアプリから利用できます。

ファッションストア上で、ファッションブログやコラムを展開しているのも特徴です。最先端のファッション情報を自ら発信し、各コンテンツではおすすめ商品も紹介。ユーザーは気に入ったアイテム、挑戦してみたいスタイルに、すぐチャレンジできます。
コラムでは、オフシーズンの衣類の保管方法や、靴の手入れ方法を解説。それぞれのアイテムをより綺麗に使うための情報が、詳細に、わかりやすく書かれています。

買い物から流行のチェック、衣替えや衣類の手入れ方法の確認まで、ストア上で完結できるのがKupiVIP強みです。
ユーザーはほかのストアやWebサイトに流れることなく、KupiVIPで情報をチェックしながら、商品を探せます。

KupiVIP
主要拠点:モスクワ
設立:2006年
推定従業員数:101名
資金調達額(≒時価総額):1億1,960万$

【ロシアの未上場スタートアップ・時価総額ランキング1位】OZON.ru

OZON.ruは、あらゆるカテゴリの商品を扱う、ECを展開するスタートアップ。1998年にモスクワで設立され、資金調達額(≒時価総額)は6億8,710万$です。

OZON.ruのECでは、食品や医薬品、ファッションアイテムや音楽など、さまざまな商品が取り扱われています。創業当時は書籍を中心としたECであり、「あらゆるカテゴリを扱う点」と「書籍からスタートした点」から、ロシア版アマゾンと呼ばれることも多いです。

旅行予約までオンラインで扱っていることや、ECサイト向けの配送サービスを自社で行っていることも特徴。
また、OZON.ruの電子書籍販売プラットフォームは、ロシア最大ともいわれています。

ECビジネス運営者に向けたオンラインスクールも展開している、「ECに関する幅広いサービスを提供する企業」としても有名です。

OZON.ru
主要拠点:モスクワ
設立:1998年
推定従業員数:5,001名
資金調達額(≒時価総額):6億8,710万$

ロシアの未上場スタートアップは、オンラインショップが上位を占める

ロシアの未上場スタートアップの時価総額(≒資金調達額)を見ていくと、オンラインでサービスを提供する企業が非常に多いことがわかりました。

中でも多かったのが、オンラインショップを運営するスタートアップ。1位の「OZON.ru」を筆頭に、ファッションや食品、レジャーやホテルの割引予約など、さまざまな商品とサービスがオンライン上で購入できます。
「ロシア版アマゾン」と呼ばれるOZON.ruが1位であったことからも、ロシアではオンラインショップのニーズが高いことがわかります。

広大な国土面積をもつロシアにおいては、ショップからの配送に工夫を施すだけでも、他社との差別化として有効です。
130以上の地域に対応し、当日配送も可能なSberMarketが3位であったことからも、品揃えだけでなく「配送の早さ」「対応地域の広さ」は重要だとわかるでしょう。

ECサイトのプラットフォームを提供するスタートアップもあり、ロシアでは今後もオンライン販売のマーケットが拡大していくと予想されます。

また、オンラインショップ以外のスタートアップも、クラウドのオフィスアプリケーションやオンラインゲームなど、インターネット上でサービスを提供するスタートアップが多かったです。
特に、クラウドでオフィスアプリケーションを提供するNew Cloud Technologiesは、政府機関でも採用されるほどの企業。
ロシアではあらゆる場面で「オンライン化が当たり前」だといえます。

スピーディな回線開通、障害復旧を売りにしたEnfortaが5位であったことから、インターネットや電話の回線などのインフラへのニーズも高いこともわかります

世界各国のスタートアップ企業の動向や、各分野の投資動向などは、ZUVA Proでチェックできます。ロシアの最新のビジネス動向や注目スタートアップも随時お伝えしていきます。ぜひZUVAのメディア・データをご活用ください。

ZUVA
https://zuva.io/

YouTubeチャンネルで、著名なコメンテーターを招いて「動画コンテンツ」も配信しています!

ZUVA TV
https://www.youtube.com/channel/UCcK9SoQ9n5KH3IMnwe-4Row