ニュース&コラム | 2020-11-24

コロラドのOutriderがシリーズBで$65Mを調達

シェア

Sophia Kunthara, October 28, 2020

コロラド州ゴールデンを拠点とするOutriderは、シリーズBラウンドの資金調達で6500万ドルを調達しました。

同社は、多くの問題に直面している流通ヤードの効率化に焦点を当てています。OutriderのCEOであるAndrew Smith氏によると、これらの問題には、ロードトラックの混雑、トレーラーの紛失、適切なトレーラーが適切な時間に適切な積込ドックに到着しないことなどが含まれます。

Smith氏はCrunchbase Newsとのインタビューで、「これらの配送センターでは、これらはサプライチェーンの真の痛手となっています」と述べています。

Outriderは、自律走行車、クラウドベースの管理ソフトウェア、サイトインフラからなる3つのパートで構成されるシステムで効率化を目指しています。

「我々は、流通の次のイテレーションがどのようなものになるかを考えることに非常に集中しています。」「問題にバンドエイドをつけるのではありません。」

そのため、同社は、電気自動車プラットフォーム上での自律性のレイヤリングにのみ焦点を当ててきました。電気ヤードトラックは、ここ数年で市場に参入し始めたばかりだが、それは未来のものだとSmith氏は語りました。

Koch Disruptive Technologiesがこのラウンドを主導し、既存の投資家であるNEA、8VC、Prologis Venturesが参画しました。新規投資家のHenry Crown and CompanyとEvolv Venturesもこのラウンドに参加し、Outriderの資金調達総額は1億1800万ドルとなりました。

Outriderは、これまでトラックヤードの指定されたエリアにパイロットプログラムを展開してきましたが、今後はヤード全体を対象に拡大していく予定だとSmith氏は述べています。新しい資金は、顧客へのOutriderのシステムの展開とサポートを継続するために使用されます。Smith氏は、特定の顧客の名前を挙げることを辞退したが、OutriderはFortune 500企業と連携しており、これらの企業は合わせて何千ものヤードを管理していると述べました。

シリーズBは、Koch Disruptive Technologiesにとって同社への2度目の投資となります。Koch Disruptive Technologiesのマネージング・ディレクターであるByron Knight氏によると、Koch Industriesの一部であるGeorgia-PacificはOutriderの最初の顧客でした。

Kochは、顧客としてだけでなく、Kochのネットワークを通じて、Outriderの商業的なスケールアップを支援することができます。

「私たちは、『いかにして商業的な顧客であり、サプライヤーでありながら、ケイパビリティ・プロバイダーでもあることができるか』ということを考えています」とKnight氏は述べています。そのような能力とは、法律上のリソース、規制上のリソース、Koch Labsを通じた人事リソースなどであるとKnight氏は述べています。

この調達前Outriderは、2019年2月に8VCが主導する5300万ドルのシリーズAで資金調達を行っていました。

crunchbase news

Outriderの詳細情報