ニュース&コラム | 2020-11-20

フランスのスケールアップ企業Odasevaがグローバル展開を継続するために$25Mを調達

シェア

Tech.eu, October 27, 2020

フランスのSaaS企業Odasevaは、エンタープライズ向けデータガバナンスプラットフォームの成長を継続するため、シリーズBの資金調達で2500万ドルを調達しました。このラウンドはEight Roads Venturesと新規投資家のF-Prime Capitalが主導し、以前のバッカーであるPartech、Salesforce Ventures、Serenaが参画しました。

「Odasevaチームは、Salesforceの大規模顧客の大きな問題に焦点を当てて旅を始め、クラウドへの移行を支援しました」とPartechのReza Malekzadeh氏は説明しています。

2012年の立ち上げ以来、Odasevaは大規模なSalesforceの顧客のデータ保護の範囲を広げ、「クラウドへの信頼を構築 」してきました。顧客はデータのバックアップやアーカイブからデータプライバシーの確保まで、Odasevaの技術を利用しています。

同社は、北米およびその他の国際市場での拡大により、3年連続で100%の収益成長を達成したと主張しています。この間、同社は人員を倍増させ、Dropbox、Boston Scientific、Manulifeなどの企業を、Heineken、Schneider Electric、Robert Half、Toyotaなどを含む顧客リストに加えました。

「市場の潜在力、成長プロファイル、単位経済性を考えれば、Odasevaが今年米国の投資家を引き付けることができた数少ない企業の一つであることは不思議ではありません。」

今回のシリーズBにより、フランスのOdasevaの資金調達総額は4000万ドルに達しました。今回の新たな資金調達で、チームはさらなる製品開発、サンフランシスコ、シドニー、パリでの雇用、そしてより多くのパートナーシップと、いくつかの成長目標を追求していく予定です。

crunchbase news

Odasevaの詳細情報