ニュース&コラム | 2020-11-06

北京のYuanfudaoが$2.2Bを調達

シェア

Sophia Kunthara, October 22, 2020

中国のエドテックプラットフォームYuanfudaoが22億ドルの資金調達に成功したと、同社は木曜日に発表しました。

Yuanfudaoのプラットフォームは、ライブコースを提供し、学生に個人指導のオプションを提供しています。北京に拠点を置く同社は2012年に設立されました。

今回の資金調達は、G1とG2に分けて行われ、Yuanfudaoの評価額は155億ドルに達し、Yuanfudaoの声明によると、同社はオンライン・エドテック・システムの拡大と新しいカリキュラム製品の開発を可能にするとしています。

Tencentは、Boyu Capital、Hillhouse Capital、IDG Capitalの参画を得て、G1資金調達ラウンドを主導しました。DST Globalは、GIC、CITICPE、Temasek、TBP、DCP、Ocean Link、Danhe Capital、Greenwoodsが参画したG2資金調達ラウンドを主導しました。

今回の資金調達は、エドテックとその必要性が注目されている中でのものです。COVID-19の大流行により、オンライン学習の多くがオンラインで行われるようになったことで、教育界の関係者や投資家の関心が高まっています。Yuanfudaoは中国の教育技術の主要プレーヤーであり、2022年北京で開催される冬季オリンピックの公式スポンサーになる予定です。

同社によると、約370万人の学生が同社の通常料金のコースを利用しており、中国全土に教育研究センターを設置しています。

Yuanfudaoは最後に2020年3月にHillhouse Capital GroupとTencentが主導して10億ドルのシリーズGを調達しました。同社の他の投資家には、Warburg PincusとCMC Capital Groupが含まれています。

crunchbase news

Yuanfundaoの詳細情報