ニュース&コラム | 2020-11-04

Getaroundが$140MのシリーズEで成長を牽引

シェア

Sophia Kunthara, October 14, 2020

ピアツーピア(P2P)のカーシェアリング・マーケットプレイスであるGetaroundが、シリーズEラウンドで1億4000万ドルの資金調達を行ったことを水曜日に発表しました。

この新しいラウンドにより、同社の資金調達総額は約6億ドルとなります。Crunchbaseによると、Getaroundが最後に資金調達を行ったのは2018年8月にSoftbank Vision Fundが主導した3億ドルのシリーズDでした。

Getaroundの収益は、COVID-19が最初に定着したときに大きな打撃を受け、予約が約75パーセント減少したとCEOのSam Zaid氏は述べています。しかし今では、同社の世界的な収益は、パンデミックが発生する前の2倍以上になっています。

Zaid氏はCrunchbase Newsとのインタビューで、次のように述べています。
「パンデミック後、非常に急速に回復した理由は…当社が必要不可欠なサービスとみなされたからですが、それは当社が多くの顧客の生活に不可欠なモビリティツールだからです。」

COVID-19から身を守るために、多くの人々は公共交通機関やUberやLyftのようなライドハイリングサービスを避けることを選択しています。実際、サンフランシスコを含むいくつかの都市では、公共交通機関の利用者数がパンデミックの中で激減しており、UberやLyftのような企業の利用者数も減少しています。

Zaid氏は、「選択肢を見てみると、当社は最も安全な交通手段の一つを提供しています」と述べ、パンデミックの中でGetaroundの顧客がより長い期間レンタカーを借りていることに言及しました。

同社は今回の新たな資金調達を利用して、既に参入している市場(Getaroundは米国とヨーロッパの 300 都市で利用可能)の成長に集中し、「適度なペースでの拡大」を継続することを計画しているとZaid氏は述べています。

Getaroundは、交通機関のための数少ないP2Pの共有マーケットプレイスの一つです。他には、カーシェアサービスも提供しているTuroや、オートバイのP2Pのシェア・マーケットプレイスであるRiders Shareなどがあります。

PeopleFundがシリーズEラウンドをリードし、新規投資家のPennant Capital、Reinvent Capital、Henry McGovern氏、そしてVectoIQのパートナーであるSteve Girsky氏、Mary Chan氏、Julia Steyn氏がラウンドに参画しました。Menlo Ventures、SoftBank Vision Fund、Braemar Energy Ventures、Asset Plus Capital、Triangle Peak Partners、Bpifrance、Cathay Innovation、Via-IDを含む既存の投資家もこのラウンドに参画しました。

crunchbase news

Getaroundの詳細情報