ニュース&コラム | 2021-02-26

Clover Healthは株式公開に先立って収益の増加を示す

シェア

Joanna Glasner October 20, 2020

米国の高齢者向け医療保険『メディケア・アドバンテージ』 (Medicare Advantage) を提供しているClover Healthは、株式公開に先立って発表した最新の決算報告で、売上の増加と損失の縮小を報告しました。

2週間前、サンフランシスコに拠点を置くCloverは、億万長者のChamath Palihapitiyaが率いるブランクチェック買収会社であるSocial Capital Hedosophia IIIとの37億ドルの合併契約で株式を公開すると発表しました。本日未明、買収者は、合併後の会社の財務履歴と合併後の計画を説明したいくつかの有価証券報告書の最初のものを提出しました。

報告書によると、今年上半期のCloverの売上は3億3,800万ドルで、そのほとんどは保険料収入で、純損失は2300万ドルだったという。一方、前年同期のCloverは売上2億3,100万ドル減、純損失2億3,300万ドル増(このうち1億3,100万ドルは、事業運営のための主要経費ではなく、デリバティブの損失に起因するもの) と説明している。

2013年に設立されたCloverは、米国の高齢者に手頃な価格で高品質の医療プランを提供することを目的とした次世代のメディケア・アドバンテージ保険会社であると述べています。その主力プラットフォームであるClover Assistantは、請求、カルテ、診断など、数百万件の関連する健康データを集約し、機械学習を利用して、主要な医師に必要な情報と個別化された治療の推奨を提供しています。

6月末現在、Cloverの会員数は56,815人で、2018年1月の30,677人から増加している。現在、会員を治療する2,100人以上のプライマリケア医が、Clover Assistantを利用してケアを管理する契約を結んでいます。

Crunchbaseのデータによると、未公開企業であるCloverは、既知の資金調達で少なくとも9億2500万ドルを調達しており、ベンチャー支援企業としては莫大な金額です。同社の最大の株主はGreenoaks Capital (議決権株式の28%) とSequoia Capital (4%) です。共同設立者でCEOのVivek Garipalliは27%の議決権を保有している。

crunchbase news

Clover Healthの詳細情報