ニュース&コラム | 2020-10-08

Goldenが$14.5MのシリーズAを調達

シェア

Sophia Kunthara, September 30, 2020

全ての人間の知識をマッピングすることを目指すスタートアップのGoldenが、シリーズAラウンドで1450万ドルを調達したことを水曜日に発表しました。

同社の声明によると、Andreessen Horowitz (a16z)がラウンドを主導し、Harpoon Ventures、DCVC、Gigafundなどの投資家が参画したといいます。a16zの共同創業者パートナーであるMarc Andreessen氏は、Goldenの取締役会に参加する予定です。

Goldenは、人工知能、機械学習、人間を使って、さまざまなトピックに関する公開情報を収集しています。CEOのJude Gomila氏によると、情報の大半は断片化されており、Goldenはニュース記事やデータベースなどの情報源から情報をまとめているといいます。

「大きなビジョンは、我々が知識の大きなデータベースを構築しようとしていることであり、これは最終的にはあらゆるものにまたがるものです」とGomila氏は述べ、同社は当初、科学、技術、企業に焦点を当てていると付け加えました。

今回の新たな資金は、主にGoldenのチームを拡大するために使われる予定です。同社はサンフランシスコを拠点としていますが、人材のいるところで採用を行っているとGomila氏は述べています。同社は約15人の従業員を抱えており、人員を2倍に増やすことを計画しています。

投資会社や企業、政府機関は、関心があり包括的な情報を必要とするトピックについて、より詳細な情報を得るためにGoldenを利用しています。最近では、Goldenは米空軍と100万ドルの契約を結び、COVID-19への対応を支援しています。

「企業が大きくなればなるほど、何が起こっているのかを可視化する必要性が出てきます」とGomila氏は述べています。「知識もまた必要となります。」

今回の新たなラウンドにより、Goldenの総資金調達額は1950万ドルとなりました。同社は最後に、2019年5月に500万ドルのシードラウンドを調達しました。

crunchbase news

Goldenの詳細情報