ニュース&コラム | 2021-02-08

元AOL CEOの Steve Case氏が、黒人創業者への資金調達ギャップに対処する方法

シェア

Gené Teare September 24, 2020

AOLの元CEOからベンチャー投資家に転身した億万長者のSteve Case氏は、沿岸部のテックハブから離れたスタートアップに投資するRise of the Rest Seed Fundで、起業家精神をより包括的なものにするために数年を費やしてきた。今年は黒人の創業者に焦点を当てたバーチャルイベントを開催し、投資家と起業家を結びつけることを目的としています。

RevolutionのRise of the Restは、アトランタに拠点を置くOpportunity Hub (OHUB)と提携し、黒人創業者のためのコワーキング、教育、投資の不平等に取り組むベンチャーエコシステムプラットフォームを提供しています。また、技術投資に関心のあるエンジェルをつなぐためにOHUBから生まれた「100 Black Angels & Allies Fund」や、Morgan Stanleyの「Multicultural Innovation Lab」も参加します。

RevolutionのRise of the Rest Seed FundとMorgan StanleyのMCILは、ピッチコンテストの優勝者に100万ドルを投資し、準優勝者2名にはそれぞれ50万ドルを授与します。

「大多数のベンチャーキャピタリストは、ポートフォリオを広げ、黒人起業家を支援したいと考えているが、誰もがネットワークやパイプライン、ディールフローを持っているわけではない」とCase氏はCrunchbase Newsに語りました。

Revolutionはこれまでもそうであったように、ベンチャーキャピタリストのネットワークに参加を呼びかけています。これまでに、Cowboy Ventures, First Round Capital, Foundry Group, Greycroft, M25 , Upfront Venturesを含む20社が投資家ミーティングを行うことに合意しています。

Case氏のほか、RevolutionのRise of the Rest Seed FundのマネージングパートナーであるDavid Hall氏、OHUBの共同創業者であるRodney Sampson氏にも話を聞きました。

Sampson氏によると、このイベントは他のイベントと違うと述べています。黒人コミュニティのほとんどのピッチコンテストでは、スタートアップは通常、5,000 ドルから 10,000 ドルの範囲内で投資を受けています。

「データは嘘をつかない」

Harlem Capital Partnersの2019年版レポートでは、100万ドル以上の資金調達を行った200人の黒人およびラテン系の創業者が紹介されています。Sampsonが起業した2000年当時、黒人の起業家は一握りしかいませんでした。ソーシャルメディア企業BlackPlanetのOmar Wasow、お気に入りの牧師をストリーミングしたい人のためにStreaming Faithと呼ばれるストリーミングプラットフォーム企業を作ったSampson自身、そして小規模企業向けにカスタマイズ可能なウェブサイトを提供するImageCafeの共同設立者であるClarence WootenはNetwork Solutionsに売却しました。

最近のDiversity Spotlightのローンチで得られたCrunchbaseのデータによると、スタートアップ コミュニティがより多様化しており、一握りの黒人創業者だけではないことが明らかになっています。しかし、黒人創業者への資金提供は、ベンチャー投資全体の1%にも満たしておりません。

今回のイベントでは、Revolutionが全国ツアーで成功した方法を参考にする予定です。バーチャルツアーには、エコシステム構築者がいるタウンホール、Revolutionが既に支援している企業のショーケース、ピッチイベント、ブートキャンプのトレーニングなどが含まれます。

Case氏は、「投資家が過小評価されている起業家たちとの架け橋になることに関心を示しているが、彼らはネットワークを持っていないため、取引の流れを把握することができない」と述べています。今回のイベントには、これまでのRevolutionのツアーよりも多くの投資家が参加すると考えており、今回リモートで参加できることは利点の一つとなっています。

以前の提携では、RevolutionとOHUBは2015年にアトランタでバスツアーを行いました。Hall氏によると、これまでにRise of the Restは44都市を巡回しており、常に多様な起業家たちに焦点を当てているといいます。

同グループの9回目のツアーはCOVID-19の影響でキャンセルとなりましたが、再開が可能になったら、ツアーを再開する予定です。

これまでにRevolutionは、黒人創業者のいる15社に投資を行ってきました。Revolution社は、まだまだやるべきことがあると認識しています。

「傍観していた人から興奮が生まれます。スタートアップに投資をしていない投資家、スタートアップの支援が十分でないことを認識している企業、アイデアを持っている起業家たちです。」とHall氏は語りました。

Case氏によると、「より多くのベンチャーキャピタルがより多くの起業家を支援することで、より持続可能な資金調達につながる架け橋を築くこと」を目指していると言います。

参加者は、2020年10月25日までにこちらから応募できます。

crunchbase news