ニュース&コラム | 2021-02-03

Next InsuranceがシリーズDで$250Mを調達

シェア

Sophia Kunthara September 23, 2020

中小企業のための頼りになる保険プロバイダーを目指すNext Insuranceが、シリーズDラウンドで2億5000万ドルを調達しました。

今回のラウンドは、新規投資家のCapitalGと既存投資家のMunich Reが主導し、同社の評価額を20億ドル以上としました。

同社CEOのGuy GoldsteinはCrunchbase Newsとのインタビューで、次の目標はパロアルトに拠点を置くNext Insuranceが米国最大の小規模企業向け保険会社になることです。と述べました。

「当社には、あらゆる種類のビジネスにソリューションを提供できるテクノロジーがあり…このテクノロジーを活用して、市場のあらゆるビジネスに適用するために活用しているしています。」とGoldsteinは語りました。

同社は新たな資金をチームの拡大、マーケティングや顧客獲得への投資によるブランドの成長、そして何よりも重要なのは、Next Insuranceがあらゆる種類のビジネスの保険ニーズに対応する「ワンストップショップ」となるような製品を完成させることです。とGoldsteinは述べています。

現在、同社には10万人以上の顧客がおり、50州すべてで利用できる。Next Insuranceは、1,300種類以上のビジネスに利用されており、同社は、すべての中小企業が必要とするあらゆるタイプの保険を提供できるようにすることに注力しています。Goldsteinによると、来年末までには、すべてのタイプの保険を提供できるようになると言います。

成長の面では、Next Insuranceの総収入保険料は前年比133%の増加となっています。Ribbit CapitalやTLV Partnersなどの投資家から支援を受けている同社は、前回2019年10月に2億5000万ドルのシリーズCで資金調達を行いました。

Next Insuranceは、Hippo InsuranceやRoot Insuranceなど、大規模な資金調達ラウンドを得ている数多くの保険テクノロジー企業の1つです。また、この分野で注目すべきは、保険テクノロジー企業のLemonadeの最近のIPOです。

訂正。この記事の以前のバージョンでは、Next Insuranceが最後に2018年7月のシリーズBラウンドで資金調達を行ったと誤って記載していました。この記事は、Next Insuranceが最後に2019年10月のシリーズCラウンドで資金調達を行ったことを反映して更新されています。

crunchbase news

Next Insuranceの詳細情報