ニュース&コラム | 2020-09-15

Ribbon Experiencesがライブ、録画イベントプラットフォーム向けに$1.2Mを調達

シェア

Christine Hall, September 10, 2020

サンフランシスコを拠点とするスタートアップRibbon Experiencesは、Y Combinator でのデモデイのステージを終え、ライブと録画イベントのワンストップショップを次のレベルへと押し上げるために、120万ドルのシードラウンドを獲得しました。

ONEVC、FundersClub、FJ Labs、エンジェル投資家の支援を受けた同社は6月にプラットフォームを立ち上げ、現在では650人以上のホストを抱え、週に27000枚以上のチケットを販売していると、共同設立者のVojta Drmota氏がCrunchbase Newsに語りました。

「私たちの使命は、オンラインイベントをホストすることで誰もがビジネスを運営できるようにすることです。」
「私たちはオンラインビジネスを創造したり、対面ビジネスのためのオンラインによる出席を提供したりすることを簡単にします。」

このプラットフォームには、ヨガインストラクターから起業家、学校の先生まで、幅広いホストが参加しており、いずれもZoomとの統合を通じてクラスやその他の指導セッションを収益化しています。

同社は今回の資金調達を利用して、ホスト向けの「business-in-a-box」の提供を開始する予定です。また、ホストが録画したコンテンツをアップロード、保存、課金する機能を持つオンラインライブラリなどの機能をさらに発展させていくと、共同創業者のMatteo Carroll氏はインタビューで語りました。

ホストの大半は米国内にいますが、Ribbonはアイルランド、オーストラリア、中国、シンガポール、スウェーデンなどの国でグローバルな顧客基盤を着実に獲得しているとCarroll氏は付け加えました。

COVID-19パンデミックの間、世界中が家に留まっている間に、オンラインイベントやクラスが爆発的に増えています。ここ数ヶ月間、私たちは典型的な対面イベントや活動をバーチャルな大衆に提供しようとしているいくつかのスタートアップを取材してきました。その中には、Run The World、Hopin、Wave、Popshopが含まれています。

7月、フォーブスは、オンラインイベントの市場規模が2019年の770億ドルから2027年までに4000億ドル以上に跳ね上がると報告しました。ONEVCのジェネラルパートナーであるArthur Brennand氏は、Ribbonの市場潜在性が、ONEVCがスタートアップに惹かれた理由の一つであると述べています。

「市場の大きさは巨大です。」と彼はインタビューで語りました。
「ポッドキャストやWhatsAppグループを見ていて、人々が課金しているのを目の当たりにしました。ライブイベントだけではなく、料理教室などの対面イベントでも、それまでは課金の仕方を知らなかったり、自分でウェブサイトを作ることすら知らなかった人たちが、Ribbonを使ってお金を払っているのです。」

crunchbase news

Ribbonの詳細情報