ニュース&コラム | 2021-01-06

Anvilogicが$4.4Mのシードを調達してSOCコンテンツプラットフォームを共同開発

シェア

Christine Hall,September 3, 2020

企業内の脅威を検知するのは難しいことが多いが、パロアルトに拠点を置くある企業は、他のセキュリティ領域の専門家との連携が最善の方法だと考えている。

Anvilogicは、開発者ではなく専門家を対象とした共同セキュリティオペレーションセンター(SOC)コンテンツプラットフォームをさらに発展させるために、シードファンディングで440万ドルを調達しました。Anvilogicの創設者兼CEOのKarthik Kannan氏がCrunchbase Newsに語ったところによると、このプラットフォームは、検出ルールやアルゴリズムなどの情報を、専門的なフレームワーク、コードレスなコンテンツビルダー、共有環境を介して提供し、企業における脅威の検出やトリアージにかかる時間を短縮することを目的としているといいます。

「私たちは、コラボレーションの問題を解決し、セキュリティドメインの専門家がどのようにコードを交換できるかに着手しました」と彼は付け加えました。「私たちはまた、コードレスな開発者を提供しているので、その(コード)を知る必要はありませんし、標準化されたフレームワークを提供しているので、共有されたコードは誰でも使用することができます。信頼できるグループ内で身元を明かすことも、完全に匿名にすることもできます。

Foundation Capitalは、Point72 Ventures、Dan Warmenhoven、Nikesh Aroraが参加するシードラウンドを主導しました。新しい資金調達は、1年前に設立された会社がチームのスキル、特に研究開発、サイバーセキュリティ領域のスキルを深め、最初の25社の顧客を獲得するのに役立つとKannanは述べています。

過去20年間でサイバー業界はモデルを構築、管理するツールを備えた近代的なソフトウェアに移行しており、統計分析を可能にするために多くの企業が設立されたとFoundation Capitalのジェネラル・パートナーであるAshu Gargはインタビューで述べました。

「Anvilogic はこれらのモデルを開発、管理、展開するための現代的なアプローチを提供し、コラボレーションと再利用を可能にしています。」「多くの企業では世界クラスの人材を集めることができません。ブランドを持っているからこそ、あらゆる業種のトップ企業は4、5社しかできないのです。AnvilogicはすべてのSOCアナリストに同じ機能へのアクセスを提供し、Googleクラスの機能を提供します。」

Anvilogic は、これまで企業や政府機関のセキュリティ専門家を追加してきましたが、今後は 20 人体制で市場に投入する予定です。

一方、Kannan氏は、顧客と話をしてみて、従来のセキュリティオペレーションセンターは最高の製品でいっぱいになっているが、脅威の状況を統一的に把握できる人材がいないまま、島のように運営されていることに気がついたと述べています。そこで Anvilogic の出番だと考えています。

「これらの製品は統合されていませんが、その理由の一つにはライセンス費用が高すぎることが挙げられます。」と彼は付け加えました。「Anvilogic はこれらの島々の真ん中に位置し、コンテンツプロバイダーとなり、すべての人にコンテンツを提供しています。」

crunchbase news

Anvilogicの詳細情報