ニュース&コラム | 2020-12-24

Oakland Black Business Fundが黒人経営の企業向け投資プラットフォームを発表

シェア

Christine Hall, September 1, 2020

カリフォルニア州オークランドで不動産とインパクト投資のバックグラウンドを持つ2人のコミュニティリーダーが火曜日、黒人が経営する企業に資本と技術支援を提供するための新しい投資プラットフォームを立ち上げました。

Elisse DouglassとTrevor Parhamは、6月にOakland Black Business Fundを設立し、COVID-19の影響を受けたベイエリアの企業を支援するための1,000万ドルの救済基金と、全米の黒人起業家を支援するための10億ドルの投資基金を調達することを目指しているとCrunchbase Newsに語りました。

現在の資本パートナーや技術支援の提供者には、Alliance for Community Development、The Clorox Company、Oktaが含まれています。

直近では、Parham氏は2014年にコワーキング&インキュベータースペースとしてスタートしたOak Stopを通じて黒人起業家にサービスを提供していた。彼は4,000平方フィートからスタートし、3つのロケーションと30,000平方フィートにまでスケールアップしたといいました。

ParhamとDouglassは、Douglassが5月下旬にジョージ・フロイドの死後、抗議行動によって影響を受けた企業のためのコミュニティ指向のクラウドファンディングサイトを作成した後、ファンドを開始しました。

「それが功を奏して、1週間半足らずで10万ドルの資金が集まりました。」とParham氏は述べています。「資本金の流入とカバレッジにより、当初予定していた資金よりも多くの資金が集まったと感じましたが、私たちにできることはもっとあるとすぐに気付きました。全体的なアプローチは、より大きな資金でより大きな影響を与えることができると確信していました。」

救援資金は、受取人を支援し、新しいCOVID経済でのピボットを支援するためのリソースと技術支援を提供します。

投資面では、ビジネスベンチャーや不動産投資を提供します。Parham氏によると、このファンドは、成長と規模拡大の可能性はあるが、その段階に到達するためのリソースやネットワークが不足している可能性がある企業のためのシードおよびプレ・シリーズAに焦点を当てているという。

さらに、同ファンドは投資家に黒人所有の企業への架け橋をするとともに、Parham氏が経験してきたインキュベーターモデルに沿って、シリーズA投資や規模拡大のためのリソースを企業に提供していきます。

ビジネス環境のバランスを取る

アトランタ連邦準備銀行は、2019年の中小企業信用調査で、「平均して、黒人所有の企業の申請者は、白人所有の中小企業が融資を申請した場合と比較して、申請した融資の承認を受ける割合が少なかった」と報告しています。

さらに、「白人所有の企業の申請者の20%と比較して、黒人所有の企業の申請者の多くは、申請した融資のいずれも受けていない割合が38%と高いことが明らかになりました。」また、Transparent Collectiveによると、黒人の創業者がベンチャーキャピタルの1%未満である。

新しいファンドが支援する企業の多くはすでに利益を上げているが、他の新興企業と同様に、次のレベルに到達するためにはどうすればよいかを考えようとしている。

一方では、潜在的な投資家に接触するためのネットワークが不足している可能性もありますが、事業の価値をどのように組み立てるかを理解している可能性もあります、とParham氏は述べています。

「主流の資本市場と黒人企業の価値の間には隔たりがあります。特に、他の技術製品の主流に含まれる技術製品を扱っていない場合はそうです」と彼は言いました。
「私が見たのは、偏見と人種差別という2つの要因があり、それは有効ですが、別の部分は関心と意図です」と彼は付け加えました。「投資家は、財政的に健全な方法でそれらを見つけたり、プラグインしたりする方法を本当に知らないかもしれないし、舵取りをしすぎていると感じているかもしれません」

次に来るもの

Parham氏とDouglass氏は、1,000万ドルの救済基金に向けてすでに15万ドル以上の資金を集めている。Parham氏は、このファンドが年内か2021年初頭までに最初の投資を行うと予想しています。投資ファンド側では、テックコミュニティの投資家からの関心があり、1,000万ドルを投入することを目標としており、これは20社の企業に約50万ドルを提供することを意味すると、Parham氏は述べています。

当初は、実店舗型のビジネスが焦点になります。これは主に、黒人が所有するビジネスの大部分を占めるためです。実店舗型のビジネス、つまり不動産の所有権も、特にコミュニティの感覚を生み出す上で、都市における黒人の上昇志向と顕著性の象徴でもあるといいます。

次に、ファンドの主催者は、最初のコホートとなる事業に投資する限定的なパートナーを見つけることに取り組む予定です。また、救済基金からの資本を投入し、過去数ヶ月間の成果を計算することも計画しています。

「私たちは、Black Lives Matterと人種的不公平をめぐる議論を意識しており、人々が抱えるより大きな社会的懸念のいくつかに対処するために、ビジネスアプローチを取るようなことをしています」とParham氏は述べています。「経済学だけが唯一の答えではありませんが、黒人ビジネスに投資することで、多くの課題を克服するための対応策を生み出しています。」

crunchbase news

Oakland Black Business Fundの詳細情報