プレスリリース | 2020-05-19

【プレスリリース】フロンティア・マネジメント、海外スタートアップ企業との新規事業機会プラットフォームを提供するZuvaと資本業務提携

シェア

~ニューノーマル(新常態)における海外スタートアップ企業との新たな付き合い方を提案~

フロンティア・マネジメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:大西正一郎および松岡真宏、以下「FMI」)と、米国および中国を中心に世界約100万社のスタートアップ企業に特化した情報プラットフォームを提供する Zuva(ズウバ)株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:櫻井崇之、以下「Zuva」)は、5月17日に資本業務提携契約を締結致しました。これにより、FMI の持つコンサルティング・M&A アドバイザリー・経営執行支援等の知見を活用し、国内の企業による新規事業の検討・創出、海外スタートアップ企業への出資等を支援します。

■Zuva について

Zuva は、米国および中国を中心に海外約100万社のスタートアップ企業情報を独自の技術でカスタマイズし、ユニークな技術・サービスをもつスタートアップ企業を素早く、安価で、的確に見つけることができるプラットフォームを提供しております。また、スタートアップへの直接のアクセスを可能とし、これにより、これまで言語等の問題から敬遠されがちであった海外情報が手軽に入手でき、その先の業務提携・出資等の新規事業機会の実現にも活用されています。

日本企業による新事業創出のニーズは急増しており、ユニークな海外のスタートアップ企業との業務提携、出資等の機会は今後も増加することが見込まれております。しかし、これまでは、情報収集や提携業務は海外への出張や駐在によるところが大きかったため、昨今の新型コロナウイルスの影響による移動制限等の環境下ではその実現が困難となりつつあります。
Zuva 提供のプラットフォームを活用することで、情報収集に要する時間および費用を大幅に抑えることが可能となり、新たに検討を開始する企業にとっても初期投資を抑えることが可能となります。このように、Zuva は、ポストコロナにおいて、海外の先進的なスタートアップとの関係構築を求める多くの日本企業にとって、ニューノーマルに対応するプラットフォームを創り出しています。

■提携の背景・目的

FMIは、2007年の創業以来、国内外の企業に対し、コンサルティング・M&A・事業再生支援など多様なソリューションをその分野の専門家集団にて提供してきました。
昨今、顧客企業から、現在のビジネスモデルからの脱却を企図した抜本的で戦略的なコンサルティング・M&A 提案依頼が急増しています。このような状況を受け FMI は、Zuva に対し出資を行い業務提携することで、顧客ニーズに対応した新しいサービスの提供が可能となり、企業との接点が増え、事業の拡大に資すると考え、このたびの提携に至りました。FMI は Zuva の持つスタートアップ情報を活かして、日本企業に対する新規事業創出に係るコンサルティングや、日本企業による海外スタートアップへの出資に係るアドバイザリー機能を、より一層強化してまいります。

■提携先企業の概要

(1) 名 称 Zuva 株式会社
(2) 所在地 東京都中央区日本橋人形町 3-7-6
(3) 代表者の役職・氏名 代表取締役社長 櫻井 崇之
(4) 事業内容 海外スタートアップに特化した情報プラットフォーム運営
(5) 設立年月日 2017 年 12 月

■今後の見通し

本協業による FMI の 2020 年 12 月期の連結業績に与える影響は軽微と見込んでおりますが、両社の持つ強みを活かした協業により、中長期的な業績向上に資するものであると考えております。