ニュース&コラム | 2020-06-17

世界のVR市場動向|VRベンチャーランキングTOP10

シェア

資金調達に成功しているVR企業の動向から、VR市場へのニーズと期待が見えてきます。

仮想現実の中に入り込み、フィクションの世界をリアルに体感できるVRは、今までにないエンターテイメントを生み出す夢のテクノロジーとして常に注目を集めてきました。資金調達額の多いVR企業には、エンターテイメントを提供する企業が多く、人々の期待は全く衰えていないとわかります。

医療や建築にVRを活用する企業も、資金調達に成功しています。本記事を読めば、VRへの期待がいかに高いかがわかるでしょう。

世界のVR市場

企業数4651
EXIT企業数283
直近3年投資総額34億ドル

VR企業資金調達額10位「Sandbox VR

Sandbox VRは、VRを活用した完全没入型のエンタテイメントを提供するVR企業です。

リアルタイムのモーションキャプチャと仮想現実技術を組み合わせた、Sandbox VRの仮想現実の中では、現実世界での動きがそのまま反映されます。まるでゲームや映画の世界に入り込んでしまったかのような、新しいエンターテイメントを体験できるでしょう。

Sandbox VRは、フィクションの中にしかなかった宇宙の旅やゾンビとの戦いを、仮想現実の中でリアルに実現します。

Sandbox VR
主要拠点:アメリカ
設立:2016年
推定従業員数:10名
資金調達額:0.8億$

Sandbox VRの詳細情報

VR企業資金調達額9位「DigiLens

DigiLensは、現実世界の映像を使って仮想現実を作る、XR向けのホログラフィックディスプレイを開発。XRにより拡張された現実世界を、VRの映像で体感できます。

DigiLensは、高品質でカスタマイズ可能な光学プラットフォームを開発し、XR・VRデバイスの開発におけるコスト効率を向上。さまざまなデバイスを低コストで開発することを可能にし、XR・VR市場の拡大に貢献してきました。

DigiLensのミッションは、高品質なディスプレイを低コストで開発できる環境を整え、次世代のディスプレイを生み出すことです。

DigiLens
主要拠点:アメリカ
設立:2003年
推定従業員数:50名
資金調達額:1.1億$

DigiLensの詳細情報

VR企業資金調達額8位「MindMaze

MindMazeは、VRを活用し、神経や脳に損傷を負った人々を回復させてきたVR企業です。VRやコンピュータグラフィックスなどのテクノロジーと、脳科学を融合させ、損傷を負った神経や脳を刺激するVR製品の開発に力を入れています。

VRのテクノロジーと脳科学を組み合わせることで、直感的なヒューマンマシンインターフェイスの構築が可能です。神経や脳の専門家が処方するリハビリを、ヒューマンマシンインターフェイスによる魅力的な仮想現実で行うことで、リハビリへのモチベーションが高まります。

MindMaze
主要拠点:スイス
設立:2012年
推定従業員数:100名
資金調達額:1.1億$

MindMazeの詳細情報

VR企業資金調達額7位「Matterport

Matterportは、クラウド上に現実世界の空間をアップロードし、スマートフォンだけで自由に変更・共有できるプラットフォームを生み出したVR企業です。

クラウド上の空間データには、外観や寸法がキャプチャされています。例えば、別々にアップロードした住宅の部屋同士を、現実世界と同じようにつなげることも可能です。正確な寸法とリアルな映像で、リノベーションのシミュレーションができます。

Matterportのミッションは、VRを活用した新しい世界の体験と、誰でも手軽に世界を作り変えられるプラットフォームを提供することです。

Matterport
主要拠点:アメリカ
設立:2011年
推定従業員数:100名
資金調達額:1.1億$

Matterportの詳細情報

VR企業資金調達額6位「3vjia.com

3vjia.comは、VRのテクノロジーを活用し、住宅業界に確信を起こしたVR企業です。3vjia.comのテーマは、「テクノロジー主導の業界変革」です。

住宅の見学にVRを活用する企業は多くありますが、3vjia.comがVRを活用するのは、住宅見学だけではありません。3vjia.comは、キャビネットやワードローブなどのインテリアの設計にVRを活用。システムに用意されたさまざまなパーツを組み合わせたり取り替えたりすることで、よりリアリティのあるインテリア設計を実現しました。

3vjia.comは、住宅の見学から設計までをカバーするソフトウェアサービスを開発・運用し、住宅業界をリードする企業です。

3vjia.com
主要拠点:中国
設立:2013年
推定従業員数:500名
資金調達額:1.1億$

3vjia.comの詳細情報

VR企業資金調達額5位「Baofeng TV

Baofeng TVは、世界初のVR TV「Baofeng super TV2 VR TV」を発表し、720度に映像が広がる新しい視聴体験を実現したVR企業です。

Baofeng TVには、VR TVを含め3つの製品があり、それぞれ革新的な機能により業界を驚かせてきました。40インチのグランドテレビによる圧巻の映像や、ファッショントレンドをリードする美しい色合いのテレビなど、高性能なテレビを手頃な価格費で提供します。

Baofeng TVの革新的な機能を持った製品により、全く新しい映像体験が可能となります。

Baofeng TV
主要拠点:中国
設立:2015年
推定従業員数:250名
資金調達額:1.2億$

Baofeng TVの詳細情報

VR企業資金調達額4位「Meow Wolf

Meow Wolfは、VRやARなどのクロスリアリティを活用した、エンターテインメント施設型のアートを作成、運営するVR企業です。2008年にアート集団として誕生したMeow Wolfは、アートの世界に入り込むという、没入型のアート体験を提供します。

Meow Wolfの没入型アートの様子は、ストリーミング・VR・AR・ライブイベントなど、さまざまなメディアで配信されます。2023年までに拠点数を10ヵ所以上に拡大する予定で、より多くの人々によりインタラクティブなアート体験を提供することが、Meow Wolfのミッションです。

2020年6月現在、COVID-19のパンデミックの影響により、Meow Wolfの展示はストップしています。しかし、再開後の展示がより安全で楽しいものになるよう、Meow Wolfは展示再開の準備を続けています。

Meow Wolf
主要拠点:アメリカ
設立:2008年
推定従業員数:250名
資金調達額:1.8億$

Meow Wolfの詳細情報

VR企業資金調達額3位「Vayyar

Vayyarは、4Dイメージングセンサーを開発・活用し、壁や物体を透視するイメージングデバイスを生み出したVR企業です。乳がんの早期発見や、より安全な自動車の製造に、Vayyarのテクノロジーは活用されています。

乳がんの検査に3D画像センサーを活用することで、手頃な価格と少ない不快感で、腫瘍の早期発見が可能です。自動車製造では、あらゆる物体を透視する4Dイメージングセンサーで自動車の内部を全て可視化することで、安全面の問題を発見できます。

Vayyarは、VRと4Dイメージングセンサーを活用し、人々がより安心して暮らすためのテクノロジーを開発します。

Vayyar
主要拠点:イスラエル
設立:2011年
推定従業員数:100名
資金調達額:1.8億$

Vayyarの詳細情報

VR企業資金調達額2位「Niantic

Nianticは、AR・VRのテクノロジーで、現実世界をそのままゲーム世界に変える、新しいエンターテイメントを生み出しました。

Nianticのゲームでは、スマートフォンに映された目の前の映像の中に、ARを活用して魔法やモンスターが現れ、自分の動きがゲーム世界にそのまま反映されます。しかし、COVID-19のパンデミックにより、外に出てゲームをするという遊び方はできなくなりました。

そこで、Nianticは家の中からも屋外の映像を使ってゲームを楽しめるように、自社にVRテクノロジーを取り入れました。ポケモンGOを開発した企業でもあり、子どもから大人まで、多くの人々がNianticのゲームを楽しんでいます。

Niantic
主要拠点:アメリカ
設立:2010年
推定従業員数:100名
資金調達額:4.7億$

Nianticの詳細情報

VR企業資金調達額1位「Unity Technologies

Unity Technologiesは、エンターテイメントからインフラまで、あらゆる分野にリアルタイム3D開発プラットフォームを提供する、VR企業です。

Unity Technologiesの開発プラットフォームは、ゲームやアニメ・映画といった映像分野だけでなく、自動車や輸送、建築やエンジニアリングとった分野まで、さまざまな分野で活用されています。例えば、VRを活用した3D空間でデザインを可視化しながら、自動車や建築物の設計を進めたり、ワークスペースの見直しをシミュレートしたりといったことが可能です。

Unity Technologiesは、VRの映像作品への活用はもちろん、さまざまな分野のインフラとしての可能性を模索し続けてきたVR企業です。

Unity Technologies
主要拠点:アメリカ
設立:2004年
推定従業員数:1,000名
資金調達額:13.0億$

Unity Technologiesの詳細情報

VR企業の資金調達額から、VRを活用したさまざまな技術への期待が見える

VR企業の資金調達額を見ていくと、VRを活用したリアルなエンターテイメントへの注目の高さだけでなく、ほかのテクノロジーとVRを組み合わせた技術への期待の高さもわかります。医療や建築の現場でも、VRは注目を集めています。

さまざまなテクノロジーをVRと融合させることで、技術は発展し、人々の生活はより豊かになるでしょう。医療や建築にVRを活用する企業への資金調達額から、VRへの期待の高さが見えてきました。

仮想現実の中に入り込み、自由に動き回れるような、エンターテイメントとしてのVRへの注目もまだまだ高いです。魔法の世界で冒険したり、宇宙を自由に旅したりといった人類の夢を実現するテクノロジーとして、VRは期待を集め続けてきました。

エンターテイメントやさまざまな技術に、VRがどのように活用されていくのか。VR市場の動向から今後も目が離せません。