“AI + RPA(注1)”、「Intelligence Indeed」(注2)は、金融および営業向けの共通型ソリューションを提供

2020-03-17

[中国関連記事]

注1:RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは、事業営業自動化技術の一種で、ソフトウェアロボット または仮想知的労働者と呼ばれる概念に基づいている。
注2:中国語「实在智能」
中国語正式会社名 杭州实在智能科技有限公司 2018-03-22設立
日本語訳:杭州実在智能科技有限公司
36Kr · 2020-03-06

RPAの非侵入型技術の特性のおかげで、クロスプラットフォームおよびクロスアプリケーションの実践において強力な結合能力があり、AIテクノロジーと組み合わせると、システムを助けて、認知、知覚、および補助決定を実現できます。

RPAコンセプトは、2015年頃に中国で初めて導入されて、現場での応用シーンが金融分野に集中していました。RPAには非侵入型アーキテクチャがあるため、ビジネス営業を調整する必要ない状態で、ルールベースの意思決定と操作で、長期間にわたって安定した運転を実現でき、特に反復性が高く、頻度が高く、アクシデントの少ない営業で優れた成績を出します。

2019年から、PRAとAIテクノロジーは徐々に統合されていて、RPAの非侵入型技術の特性のおかげで、クロスプラットフォームおよびクロスアプリケーションの実践において強力な結合能力を備えています。AIテクノロジーと組み合わせると、システムを助けて、知覚および認知テクノロジーにより、インテリジェントな意思決定と補助決定を作ることが可能になります。これは、単純な採集と実行のみ達成できる従来のRPAシステムと比較してさらに改善され、他の業界への技術の拡大を支援します。

「Intelligence Indeed」は、AI + RPAテクノロジーをコアとするインテリジェントソフトウェアロボット統合サプライヤーです。取引先は金融および営業の分野を志向し、関連する細分化シーンには、カスタマーサービス、金融と税務、人事、法務、運転とメンテナンスなどが含まれ、ユーザーの代わりに反復的なシステム操作をし、ビジネスシーンで補助決定を実現できます。

製品の利点に関して、NLP(自然言語処理)、OCR(光学文字認識)、Chatbot(ダイアログロボットプラットフォーム)、機械学習プラットフォームなど4つのカテゴリーを含み、一般的なAIコンポーネントの完全カバーを実現しました。製品は共通化ソフトウェアプラットフォームに属し、さまざまな業界の細分化された業務に対し、「Intelligence Indeed」のデザインソリューションは、下部でコンポーネント化アプローチを使用して機能をこれ以上、細分化ができないレベルまで細分化し、異なるモジュールに対応するビジネスロジックを使用せずにデザイナーを使用して、コードとビジネスロジックを分離し、ユーザーは自分のニーズに合わせて、さまざまなビジネスモジュールを構築できます。現在、400個以上のRPAコンポーネントがあります。これは、従来の開発営業で一般的にカスタマイズされた方法でソリューションを提供することの欠点を解決し、人材と資源の浪費を回避し、展開時間とコストを節約します。さらに、中央コンソールは、リアルタイムモニタリング、運用計画とスケジューリング、タスク管理などの機能を提供できます。ターミナルロボットの7 * 24時間の無人操作モードと組み合わせて、システムのセキュリティをさらに確保し、ユーザーエクスペリエンス(注)を向上させます。
翻訳者注:ユーザーエクスペリエンス(英: user experience)とは、人工物(製品、システム、サービスなど)の利用を通じてユーザーが得る経験である。 しばしば「UX」と略される。 「ユーザー経験」「ユーザー体験」などと訳される。

現在、「Intelligence Indeed」の主力製品は、金融、営業、政府のデジタル政務の向けであり、取引先数は約十数社、大手の取引先が中心です。CEOである孫林君(孙林君)は、大手の取引先は普通複雑なシステムを持ち、デジタル変換営業のインテリジェンスに対する要求がより高く、支払い意欲がより高いと述べました。したがって、「Intelligence Indeed」の市場戦略は大手の取引先と業界ベンチマークから始まり、現在、China Mobile、China Telecom、China Tower、State Grid、China Life Insurance、Taikang Life Insuranceなどを含む多くのヘッドユーザーがいます。販売単価は数十万から数百万元までさまざまです。

マーケティングには、直接販売と代理店の2つの方法があります。「Intelligence Indeed」は現在、北京、上海、広州、杭州、および長沙に販売チームを持ち、拡大を続けています。代理店、チャネルポリシーが改善され、代理権の権限が正式にリリースされ、今年は代理店50店と契約を締結する予定です。

製品はプロジェクト制の形で利益を実現し、利益は主に標準化されたプラットフォーム+一部のカスタマイズされたサービス+ライセンス料から得られ、プロジェクトの実施サイクルは数週間から3か月の間です。現在、「Intelligence Indeed」の契約規模は数千万に達し、今年の業務ポイントは製品開発とマーケティングに注力します。

「Intelligence Indeed」は2018年7月に始動し、2ヶ月以内に、中国工程院の陳純院士、Junlian Capital(君联資本)のシードラウンドとエンジェルラウンドから合計数千万元の融資を受け取りました。現在、チームには60人以上がいて、2人の創設者は元アリババシニアアルゴリズムエキスパートの孫林君(孙林君)とChina Telecom Sweet Orange Finance(BESTPAY)(中国电信甜橙金融(翼支付))の前副社長であった高揚です。チームのメンバーの約半数はアリババ出身で、他はBaidu(バイドゥ)、Tencent(テンセント)、Meituan Reviews(美団点評)、Netease(網易)、Sohu(捜狐)などの一流インターネット企業です。

業界全体の観点から、上記と組み合わせて、AIとRPAの組み合わせにより、RPAテクノロジーは従来のルールベースの自動化からインテリジェントな分析と意思決定の自動化に移行しました。現在、RPA分野には、アメリカの「UiPath」(米国、2005年設立)と「Automation Anywhere」(米国、2003年設立)、この2つの会社があります。「UiPath」は2019年に5億6800万米ドルのシリーズD融資を完了し、投資後の推定評価額は70億米ドルです。「Automation Anywhere」は、2019年末に2億9000万米ドルのシリーズB融資を完了し、投資後の評価額は約70億米ドルでした。「Hongji Cyclone(弘玑Cyclone)」(上海弘玑信息技术有限公司 2015-06-01設立)、「i-search(芸賽旗)」(「艺赛旗」、上海艺赛旗软件股份有限公司 2011-04-19 設立)、「encootech(云扩科技)」(「雲拡科技」、上海云扩信息科技有限公司2017-07-14設立)など、国内のRPA創業企業のほとんどは2017年以降に登場しています。

記事は作者の意見のみを表し、著作権は元の作者に帰属します。転載が必要な場合は、記事に出典と作者の名前を明記してください。

出典:QMP news

出典:36Kr