企業名:Percolata

2019-12-20

Name

Percolata

Categories

Hardware, Retail, Retail Technology, Software

Location

San Francisco, U.S.

Founders

Greg Tanaka

Founded Date

2012

Funding Amount

$14.7M

Funding Stage

Series A in Feb 2017

Major Investors

Google Ventures, Foundation Capital, Andreessen Horowitz, Menlo Ventures

Company Overview

Percolataは、小売業界にフルスタックのデータ駆動型販売最適化サービスを提供することを目指しています。小売業者にハードウェアとソフトウェアの両方を提供して顧客プロファイルを分析し、顧客トラフィックを予測し、最適なスタッフスケジュールを提供して、コストを削減しながら収益を最大化します。最先端のコンピュータービジョンとデータ分析MLを利用して、顧客に最大の価値を提供します。

Description

カリフォルニア工科大学とU.C.Berkleyの卒業生のGreg Tanakaが2012年にPercolataを設立し、Caltechの20人以上の高度なインテリジェントエンジニアのチームを率いています。彼は、技術に精通したオンライン小売市場にもかかわらず、25兆ドルの小売市場では、購入の92%がオフラインの実店舗で行われていることを確認しました。オンライン小売業者は買い物客のデータのユーティリティを最大化していますが、オフラインストアは積極的にそうしていません。彼は、全アメリカ人の4分の1がほぼ90%の時間に混雑しており、収益は店舗の数だけでなく、同じスケジュールで働くスタッフの組み合わせによっても大きく影響を受けると主張しました。

Technology

Percolataの主な目標は、小売業者が収益を最大化できるようにすることです。そのため、3つのコアコンポーネントをすべて1つにまとめたパッケージを提供します。 1つ目は、ハードウェア、買い物客のトラフィックを識別するコンピュータービジョンを備えたカメラ、店舗内の行動を捉える携帯指紋検出技術、および店内旅行や商品を追跡する顧客の騒音を検出するオーディオです。

2番目はソフトウェアです。ハードウェアを介して収集されたデータは、最先端の機械学習機能を備えたデータ処理ラボに送信され、買い物客の情報を分析して、店舗への将来のトラフィックを予測します。この予測をスタッフ情報と組み合わせることにより、Percolataは、1時間あたりの理想的なスタッフ数と、スタッフの能力を深く理解した理想的なスタッフの組み合わせを提案します。個人カレンダーを共有するスタッフ向けのモバイルアプリケーションは、Percolataがスケジュールをより柔軟に作成するのに役立つ3番目のコンポーネントです。

Percolataによって収集されたデータに加えて、既存のHRシステム、出勤システム、POSと統合して高度なMLをフィードし、人件費を同じに保ちながら小売業者の収益を最大化するために買物客情報、トラフィック、最適な人員配置スケジュール、スタッフの正しいシャッフルに関する予測分析を提供します。

Value

Percolataは、twin studyと呼ばれるものを通じて、ソリューションを使用した店舗の収益を、比較した2つの店舗が他の変数(ブランド、場所など)を持っているのに比べて20%増加させることに成功したと話しています。Tanakaは、顧客がPercolataに費やす1ドルごとに、20〜40ドルの追加収益を獲得すると主張します。

Business Model

ソフトウェアビジネスのサブスクリプションモデルの共通性を考慮して、Percolataはスケジュールされた時間ごとに課金することにより、独自の収益モデルを提供します。

Percolataでスケジュールされた1時間ごとに85セントが請求されます。Percolataは、2016年の640万から1840万の契約時間に署名し、2019年の急速な成長を期待していることを発表しました。

また、2019年8月、Percolataは、世界中のクラウドビデオ監視システムであるEagle Eyeネットワークとのパートナーシップを発表しました。このパートナーシップにより、Percolataは、Eagle eyeネットワークの既存の顧客シェアとハードウェアデバイスを活用して、ソフトウェアとMLの開発にリソースを集中させることができます。

これは、「ハードウェアをインストールせずにスタッフとマーケティングを最適化するために完全に管理されたサービスで小売業者を支援する」というTanakaのビジョンが一歩前進したことを示しています。