新型コロナウイルス感染症の蔓延の下、オンライン教育は「難しい時」を経験しますか?

2020-03-17

[中国関連記事]
「芥末堆」・2020-02-09

新しい憂鬱の始まり、資本は分割されている

2020年は難しいところから始まりました

中国の春節の期間中、新型コロナウイルス感染症の発生と継続的な拡散により、すべての中国人がパニックと不安に陥りました。新型肺炎に直面して、インターネット企業は、従業員を自主的に隔離し、自宅にてリモートで率先して働くように促しました。新型コロナウイルス感染症がキャンパスに広がるのを防ぐために、教育省は1月29日に春学期の開始を遅らせるよう通知しました。

学校の開始が遅れている間、ほとんどの生徒と保護者にとってオンライン教育が最良の選択となっています。たくさんのオンライン教育機関が、事件期間中に授業が中断されないことを発表しています。このような背景に対して、多くの教育機関では株価が急騰しています。 1月29日の香港株式市場の開設後、「新東方」「新东方」(新东方教育科技集团有限公司,2001年8月2日設立)の株価は11%を超えて記録的な高値を記録し、終値では27.15香港ドル/株まで7.1%上昇しました。

記者の理解によると、現在、「学而思」(注:北京学而思教育科技教育有限公司)、「网易有道」(注:北京网易有道计算机系统有限公司)、「VIPKID」(注:北京大米科技有限公司)、「猿輔導」(「猿辅导」注:北京贞观雨科技有限公司)などの多くのオンライン機関が「無料授業」活動を開始しています。オフライン教育のギャップを埋めるために教育機関が費やした時間に加えて、多くの大学の教師も講義中にライブ講義を開始し、WeChatグループを設立してライブリンクを共有することで学生と交流しました。生放送を試みた教師は、前のクラス授業と違いはないと言っており、生放送は保護者と生徒の両方が見ることができ、授業の内容を監督できるようになっています。

冬を過ぎたら、オンライン教育市場は本当に春を迎えることが出来ますか?

1.無料授業の下、新しいユーザーたちの憂鬱

2019年には、国内の小中学生の数が1億6,000万人を超え、巨大なユーザーベースがK12(注)のオンライン教育の発展の基礎を築きました。 2019年、「K12」オンライン教育の有料ユーザーの数は約2,500万人で、普及率は約15.2%になりました。
翻訳者注:K-12(ケースルートゥエルブ、kay-through-twelve)あるいはK12(ケートゥエルブ)は、「幼稚園(KindergartenのK)から始まり高等学校を卒業するまでの13年間の教育期間」のことである。

無償授業を実施することで、新しいユーザーを創出するだけでなく、ユーザーにオンライン授業の習慣を身につけさせることもできます。新型コロナウイルス感染症の蔓延期間中、主要な教育プラットフォームは、このような低コストの顧客獲得の機会を逃しません。競争が激しくなると、顧客獲得コストは高くなり、コンバージョン率の低さ、更新率の低さなどの問題も発生します。 「VIPKID」の創設者米氏(米雯娟)はインタビューで、これまでの顧客獲得のコストは8,000〜10,000元であったが、現在「VIPKID」(の平均顧客獲得コストは4,000元であると述べました。

「新東方」(注:新东方教育科技集团有限公司,2001年8月2日設立)が発行したレポートでは、オフラインの顧客獲得コストは一人500〜1000元、オンラインの費用は3,000元以上、オンラインの1対1の顧客獲得コストは5,000〜15,000元であると指摘されています。組織の最初の注文コスト構造の分析から、教師の給与と顧客獲得コストの比率はそれぞれ50%と45%と高いことがわかります。

高い顧客獲得コストに加えて、チャネルの立ち上げ価格も上昇しています。昨年5月に、「百度Baidu」(注:北京百度网讯科技有限公司)、「抖音」(注:北京微播视界科技有限公司)、「今日頭条」(「今日头条)」(注:北京字节跳动科技有限公司)など、一般的に使用されるいくつかのトラフィック配信チャネルの価格が通常料金の2〜3倍に上昇しました。データによると、ピーク時には、「学而思」(注:北京学而思教育科技教育有限公司)、「猿輔導」(「猿辅导」注:北京贞观雨科技有限公司)、「作業帮」(「作业帮」(注:小船出海教育科技(北京)有限公司)の3大企業の1日の収入は平均1,000万元に達しました。

2.継続的に多くの資本がオンライン教育というケーキを奪い合っています。

オンライン教育は資本が常に注目している領域です。
「艾媒」(注:广州艾媒数聚信息咨询股份有限公司)のデータによると、2020年にはオンライン教育ユーザーの数は3億500万人、市場規模は4,538億元に達し、2025年前後には1兆規模に達すると推定されています。

BAT(BAIDU,ALIBABA,TENCENT)は2013年からオンライン教育市場のレイアウトを開始し、積極的な拡販を実施しています。 Baiduはオンライン教育業界の先駆者であり、2013年以来、「上海江インターネット学校」や「伝課網」(「传课网」)など、いくつかのプロジェクトに投資しています。 2014年には、「K12」 Q&Aプラットフォーム「作業帮」(「作业帮」)が開始され、ビデオライブ放送プラットフォームである「度学堂」が設計されました。 2015年、ALIBABAは「湖畔大学」、「淘宝大学」、「阿里学院」、「1688商学院」などを設立し、その他の教育関連コースを設立しました。 2017年に、Baiduと共同で「作業盒子」(「作业盒子」)に投資しました。「TENCENT」は近年20個以上のオンライン教育機関に投資しており、「TENCENT大学」や「TENCENT课堂」などのオンライン製品ラインナップを構築しています。

大手に加えて、「B駅」(「B站」注:上海幻电信息科技有限公司)、「快手」(注:北京快手科技有限公司)、「抖音」などの割と小さなインターネット企業もオンライン教育のフィールドに参入しました。 2018年末、「快手」の上級副社長馬宏彬(马宏彬)は、「快手」プラットフォームでの教育アカウントのスタートを支援するために春節の前に66億6千万人のトラフィックを確保すると発表しました。 2019年8月24日、「抖音」の最初のクリエイターカンファレンスで、「抖音」の社長である張楠(张楠)は、教育コンテンツのクリエイターに対するサポートを増やすと述べました。

3.新型コロナウイルス感染症の蔓延の下、オンライン教育は転換期を乗り越えられますか?

最終的な分析では、オンライン教育業界は成長の遅い業界であり、創業から発展に至るまで、「費用がかさむ」プロセスであると言えます。

新型コロナウイルス感染症の蔓延で、これまで、厳しい状況にあったオンライン教育は状況の変化に本当に対応できますか?

新型コロナウイルス感染症の蔓延の環境下、オンライン教育のトラフィックの増加はありますが、トラフィックはユーザー獲得の最初のステップにすぎません。オフライン教育機関との競争は、教育の質に依存します。 2003年のSARS期間中、「新東方」(注:新东方教育科技集团有限公司)の財務は大きな打撃を受けました。多くの学生が授業料の払い戻しを求め、外部からの支援がなければ、「新東方」は破産に直面しました。結局、2000万元を借りることで危機を乗り切りました。公開されたデータによると、2003年5月ゴールデンウェークの間に、北京と上海での「新東方」のビジネスは50%以上増加し、年間20万人が登録しました。

新型コロナウイルス感染症の蔓延で、学生と保護者がオンライン教育を選択すると、トラフィックは安くなりますが、この期間が過ぎた後、オンライン教育は低迷を経験するでしょうか?

この記事は、WeChatパブリックアカウント「智見MAX」(アプリ)から複製されています。この記事は著者の独立した意見であり、「芥末堆」の位置を表すものではありません。

この記事は、「芥末堆」の復刻記事であり、オリジナル:智見MAX、芥末堆は、いかなる形態の広報費、交通代の代金などによる虚偽の記事の発行も受け付けず、貴重なコンテンツのみを読者に提示します。そして芥末堆で報告されることを希望し、情報を記入して教えてください。

出典:智见MAX
記事は著者の意見のみを表し、著作権は元の著者に帰属します。転載が必要な場合は、記事にソースと著者名を明記してください。

ニュースのソース:「芥末堆」
出典:QMP news