ニュース&コラム | 2020-03-11

Overhaulは企業成長のため、1750万ドル調達

シェア

Sophia Kunthara, March 10, 2020

オースティンを拠点とするサプライチェーンテクノロジースタートアップのOverhaulは、新しく1750万ドルの資金を調達したと火曜日に発表しました。

Edison Partnersが主導した最新のラウンドを加えると、Overhaulの調達した総資金額は2750万ドルになります。同社の前回の資金調達は、2019年5月にAbbey International Financeが主導するラウンドで700万ドルを獲得したというものでした。Crunchbaseによると、同社の2017年12月に450万ドルのシードラウンドを主導したのもAbbey International Financeでした。

Overhaulは、サプライチェーンのノンコンプライアンスを検出し、企業がサプライチェーンの混乱を経験しないように問題を自動的に修正します。同社の発表によると、製薬および食品業界の企業は、世界中に物資を移動させるときにOverhaulを使用しています。

「Amazonは、世界クラスのサプライチェーン管理が強力な利点であることを簡単に実証しています」と、Edison PartnersのジェネラルパートナーであるRyan Zieglerは声明で述べています。「今日、真のサプライチェーンの可視性は、ほとんどのグローバルビジネスには存在しません。Overhaulのデバイスとデータに依存しないソリューションアプローチは、実用的な監視とリアルタイムデータを生成します。グローバル企業は、リスクを軽減し、コストを大幅に削減できるため、競争上の優位性を獲得する必要があります。」

同社は、新しい資金を使用して製品の提供を拡大し、北米およびアイルランド(欧州本部)のチームを採用し、新しい市場に進出する予定です。Overhaulは発表の中で、昨年「規模が3倍になった」と述べ、今年も同じ成長ができると期待しています。

出典:crunchbase news