ニュース&コラム | 2020-03-02

160万ドルのGrafitiの価値、女性が設立したユニコーンが歴史を作る、VCのスイートスポットなど

シェア

Natasha Mascarenhas, December 23, 2019

2010年代の終わりを振り返るのではなく、その先に考えてみましょう。

新しい10年の始まりは私たちにかかっています。そして、そのプレッシャーを、新たな年と共に実際に解決に導くことができる人がいるならば、誰でもハイタッチをしたくなるほど歓迎するでしょう。私は、コーンフレークを減らして、料理をつくる時間を増やすことを計画しています。

独自の解決策についてブレインストーミングを行う前に、この1週間のスタートアップをご案内します。まず、年末のCrunchbaseのデータは、2019年に女性が設立したユニコーンが、前例のないほど高い割合で生まれたことを示しています。恐らく、2020年も、この傾向は続くでしょう。

年末の報道は、この1年の大きなカテゴリーに関するJoanna Glasner氏の記事が続きました。フィンテック、自動化、さらには保険といった分野の記事があったことが思い出されるでしょう。

資金面からは、大企業、中小企業、さらにはInsomnia Cookiesのようなスイーツカンパニーでさえ、休暇前にいくつかの企業が資金調達を行いました。AustinのOsanaは、今後のデータコンプライアンスの変更に備えるために540万ドル(約5億8,400万円)を調達し、FloridaのXendooは、中小企業の会計を支援するために350万ドル(約3億8,000万円)のシード資金を調達しました。また、グラフの検索エンジンであるGrafitiは、プレシードで160万ドル(約1億7,300万円)近くを調達しました。

他のスタートアップ(の支援)に対応しているスタートアップ以外に、米国のコンストラクションテック全体の資金調達額が10億ドル(約1,080億円)に跳ね上がったこと、New OrleansのLevelsetが調達した3000万ドル(約32億5,000万円)のラウンドについても取り上げました。 詳しくは、Last Week in Ventureをご覧になってください。

資金調達に目を向けると、Tusk Venturesは、スタートアップが法規制に関する課題を解決するのを支援するために7,000万ドル(約75億7,000万円)の資金を調達しました(scootersは現在、同社のポートフォリオに含まれています)。Sapphire Venturesは、レイトステージのスタートアップに投資するために14億ドル(約1,515億円)を調達しました。

そして、ファンドの構造をさらに深く掘り下げるには、包括的な投資におけるLP(リミテッドパートナー)の役割についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

今回の記事はこれまでです! 私は来週、家族でホリデーをお祝います(もちろん、クリスマスセールの後に)。それでは、新年にお会いしましょう!

出典:crunchbase news