ニュース&コラム | 2019-12-25

Lenskartがソフトバンクから$ 275Mを調達

シェア

Sophia Kunthara, December 20, 2019

TechCrunchによると、インドの眼鏡スタートアップLenskartは、SoftbankのVision Fundが主導する新しいラウンドで2億7500万ドルを調達した。

新しいラウンドの資金調達により、同社の総資金は4億6500万ドルになる。9月にKedaara Capitalが率いるプライベートエクイティラウンドで最後に5,500万ドルを調達した。この資金調達ラウンドにより、同社の評価額は15億ドルを超えるとTechCrunchは報じ、この問題に精通している人物を取材した。

Lenskartは、インドでのより多くの視力矯正オプションの必要性から生まれました。Hindustan Timesによると、世界の盲人人口の約4分の1がインドに住んでおり、Lenskartは眼鏡をより使いやすくしたいと考えています。

同社は、インドでWarby Parkerに代わるものとしての地位を確立しています。それは、消費者向けのアイウェア企業です。ウェブサイトによると、無料の「ホームアイチェックアップ」も提供しています。

同社は小売店に進出する前に電子商取引を始めました。消費者向けモデルとロボットを使用して、5,000種類以上のアイウェアを製造しています。Lenskartは、ウェブサイトによると、サングラスとコンタクトレンズも販売しています。

このラウンドの資金調達であるシリーズGは、Lenskartのこれまでで最大のラウンドです。2010年に設立された同社は、投資家の間でChiratae Ventures、TPG、およびUnilazer Venturesを数えています。

出典:crunchbase news