バッテリーベンチャーズの二つ新しいファンドに20億ドルを募集

2020-02-13

Mary Ann Azevedo, February 12, 2020

バッテリーベンチャーのファンドサイズは大きくなり続けている。

37年の歴史あるベンチャー企業は、今朝、二つのファンドに合計20億ドル相当の資金を募集し、クローズしたと発表。

このファンドは、ほぼ2年前に12億5,000万ドルを調達し、60%増と発表した。(過去10年間、約二、三年毎に資金を募集した。)

同社は本日、それぞれBattery Ventures XIII投資ファンドの12億ドルと、Battery Ventures XIII Side Fundの8億ドルをクローズすると発表した。

Crunchbaseによると、バッテリー・ベンチャーズは2010年以来、着実にファンドサイズを拡大して、合計58億ドルの資金を募集した。Battery Ventures XII が、2018年2月に8億ドルでクローズ、同時にBattery Ventures XII Side Fundが4億5000万ドルでクローズした。

私はBattery VenturesのジェネラルパートナーであるMichael Brownと電話で話し合い、彼は、サイドファンドは機会ファンドではなく、むしろ、成長段階の投資とバイアウトとして投資していくことを強調した。

「サイドファンドは、基本的に後期段階のディールや大きいサイズの投資ときの共同投資手段である」とブラウンはCrunchbaseのニュースに語った。「チェリーピック投資しない。」

49人の投資メンバー(10のジェネラルパートナーを含む)を持つBattery Venturesは、今日において、最も忙しいグローバルベンチャー企業の1つである。スタッフ達はボストンからサンフランシスコ、メンロパーク、 ニューヨーク、 ロンドン、イスラエルのヘルズリヤまでが1つのグローバルチームとして活躍している。

同社はB2Bのソフトウェア企業をメインにして投資している。さらに、エンタープライズIT(クラウドコンピューティング、人工知能、サイバーセキュリティなど)、オンラインマーケットプレイス、産業技術などのセクターの企業をも支援している。

Batteryは1983年創業して以来、2019年9月30日現在まで、シードディールを除き、世界の426社に投資しており、「合計61件のIPOと167件のM&Aに参加した」と述べた。詳細に関してのご紹介を控えているがウェブサイトでの確認と話した。Crunchbaseのデータによると、最近、エグジットした案件として、インテルが12月にチップメーカーHabanaを20億ドルで買収したことが含まれている。また、昨年、フェニックスベースのヘルスケアソフトウェア会社のWebPTが、15億ドルの評価価格でWarburg Pincusと Fastlyにより公開した。その他、有名なエグジットを言えば、オンライン家庭用品小売業者Wayfairが2014年に公開され、また、Glassdoorが2018年に日本のリクルートホールディングスに12億ドルで買収された。

会社のアプローチは多段階で、「すべての成熟段階」にある企業を支援している。

「私たちは、製品のない、収益のない段階から非常に大規模な企業にまで、至る企業に投資している」とブラウン氏は語った。

バッテリーは多様な地域、ステージ、セクターへの投資していることを誇っている。たとえば、米国の沿岸部以外の企業を支援することを好み、ヨーロッパの新興企業にも資金を投入している。ブラウン氏は、ソフトウェア内で、「私たちが使用するアプリケーションからインフラストラクチャにまで」至る企業を支援している。

「そのソフトウェアスタックの中では、ヘルスケアITやフィンテックなどの業界が好きである」と彼は言った。「全体的に言えば、ほとんどの時間をB2Bソフトウェアに使い、多くの投資機会が見つかった。」

取引に関しては、Batteryは「社内で多くの研究を行い」、研究アナリストや創業者と話し、会議に出席する。

「私たちは、全体的なアプローチを通じて、早期に賭けることができた」と彼は言い加えて。「情報はデータ主導型であるが、いつも電話したり、飛行機に乗って起業家と会ったり、彼らのビジネスについて話し合い、成長の手助けをしている。」

ブラウンによると、LPは主に米国を拠点とする投資家の混合バッグであり、公的資金や私的年金基金、大学基金、金融機関、その他の基金から一般投資家まで含まれている。また、最新ファンドLPは殆ど今まで複数段階の投資をしており、「新規参入者」もいる。

バッテリーはまた、新しいファンドと協力するため、Zack Smothermanがパートナーに昇進したことを発表した。Smothermanは2013年にバッテリーに初めて入社し、産業技術セクターの後期投資に注力している。

出典:crunchbase news