Casperの株価が取引2日目にしてIPO価格を下回る

2020-02-12

Sophia Kunthara, February 7, 2020

Casperの株価は、公開市場での2日目の取引を11.31ドル(約1,240円)で終え、前回の終値およびIPO価格を16%下回った。

同社の株価は、取引初日の木曜日には14.50ドル(約1,590円)で始まり、13.50ドル(約1,480円)で取引を終えた。その後、株価は、金曜日の朝には13.97ドル(約1,533円)で開き、その後、取引市場の終わりには11.31ドル(約1,241円)まで下落した。

マットレスのスタートアップにとって、非公開企業から公開企業への以降はスムーズには行きませんでした。Casperは当初、17ドルから19ドル(約1,860円から約2,080円)の間で公募価格を設定し、同社の評価額を約7億8600万ドル(約862億円)まで下げた。

今週初め、Casperは公募価格を12ドルから13ドル(約1,310円から約1,420円)に引き下げ、評価をさらに下げた。 最終的に株の価格は範囲の下限である12ドル(約1,310円)で、その後4億7550万ドル(約522億円)(引受会社がオプションを行使した場合4億9606万ドル(約555億円))と評価された。

同社の株価は取引初日には急騰したが、ダウ・ジョーンズ、S&P 500、およびナスダック全体の株が下落した金曜日には株価は振るわなかった。

出典:crunchbase news