ニュース&コラム | 2020-01-22

Ride Healthが$ 6.2Mシードラウンドをヘルスケア輸送のために調達

シェア

Natasha Mascarenhas, January 7, 2020

Ride Healthの創設者であるImran Cronkは、患者が病院に出入りしやすくすることを望んでいます。彼の言うように、交通不便で治療に遅れた人がいます。

彼は知っている。約6年前、ノースカロライナ州の病院でボランティア活動を行っていたCronk氏は、真夜中頃に患者が退院するのを見ました。Cronk氏は、最近退院した患者さんは約9マイル離れた家に歩いて帰ようとしていることを覚えています。歩く以外に選択肢がないからです。

結局、Cronk氏は、患者を家まで送りました。

「その出来事は、私に移動や輸送の役割を考え直させられました。」とCronk氏はCrunchbase Newsに語りました。「全国の何百万人もの患者に影響を与えています。」

24歳の起業家は早速、リアルタイムライドコーディネーションスタートアップため、RideHealthのシードラウンドで620万ドルを調達しました。Activate Venture Partnersが投資を主導し、Newark Venture Partners、Anthro Ventures、BioAdvance、Leading Edge Ventures、Startup Healthなど、他の投資家も参加しました。

Ride Healthは、ヘルスプランとヘルスケアプロバイダーを輸送オプションに加えます。これは、Uber(スタートアップが提携している)や、ライドシェアリングカーのない地方には夫婦経営の小型輸送会社に挙げられます。Cronk氏は、これらをネットワーク管理ソフトウェアを通じて、輸送を改善しようとします。

「私たちは非緊急輸送のみを目的としていますが、将来の緊急輸送を排除するつもりはありません」とCronk氏は私に語った。

Ride Healthによると、約360万人のアメリカ人が毎年交通事情に治療に遅れや治療を受けられないと推定され、さらに約1500億ドルにもコストしています。それはコーディネーションの欠如、言語の壁、そして交通手段がないことから生じると彼は明確しました。

ではUber、またはその他のライドヘイリングの企業は、競合かそれとも競争となるでしょうか?Cronk氏は、Ride Healthが輸送会社に、ヘルスケアプログラム内で微妙な臨床ワークフローを支援していると述べました。

UberとLyftは、過去に医療機関の輸送に関して努力してきました。たとえば、10月、UberはCerner Corp.との統合を発表しました。これにより、介護者は患者の乗車をスケジュールすることができます。プロバイダーがさまざまなバックグラウンドの患者の輸送をより簡単にスケジュールできるように、Uber Healthという腕全体を備えています。Lyftは、特定の州のメディケイド受益者の乗り物をカバーするために取り組んでいます。

しかし、Cronk氏は、検討に値するいくつかの要因を指摘しました。

効果的な交通手段は、「誰もがスマートフォンを持っている、ライドシェアへのアクセスがある都市部に住んでいる、またはサポートなしで歩くことができる、または英語を使用することを前提としない方法を構築する」ことです。

言い換えると、Cronk氏は、特に医療に関しては、輸送は常にポイントAからポイントBへの移動以上のものになると考えています。

出典:crunchbase news