ニュース&コラム | 2020-01-22

包装廃棄物を処理するため、新興企業は記録的な金額を集めた

シェア

Joanna Glasner, January 17, 2020

プラスチック包装は、消費者にとって非常に便利です。しかし、私たちのほとんどが罪悪感を覚えているように、その便利さは地球に打撃を与えています。

おそらくこれらの統計のいくつかを聞いたことがあるかもしれませんが、いくつかを見てみましょう。世界の石油生産の約8%がプラスチックの製造に使用され、そのうち、約40パーセントが使い捨て包装になります。それによって、毎年約180億ポンドのプラスチック廃棄物が海に流されています。

ペットボトルとクッキーのプラスチック包装を落とすだけで、持続可能な包装に関して作者自身にすでに十分に自己嫌悪感を実感させました。しかしながら、私たちはここでスタートアップについて話して見ます。

幸いなことに、一部のライターは役に立たない一方で、新興企業はプラスチック包装やその他の環境に有害な材料の代替品の開発に熱心に取り組んでいます。投資家は彼らに多額な資金を投入しています。

持続可能な包装および材料の分野で資金提供を受けた企業を対象としたCrunchbaseの調査では、過去3年間で大幅な資金調達を行った20以上の企業(リストを参照)が発掘されました。彼らは8億5,000万ドル以上を集めており、その資金募集はほとんど過去数年間で行われたことです。

この数字は決して小さいものではなく、お金がどこに行くのか、使い捨て物品の未来が何を意味するのかを見てみると有益だと思いました。

上位の資金受領者

Crunchbaseのデータごとに、少なくとも7社がエコパッキングのためあわせて2000万ドル以上を調達しています。下記のグラフには、上位の資金募集状況を示します。

珍しいことの1つは、最も多額の資金を募集した会社であるZumeとなります。当社は、持続可能なパッケージングとはほとんど関係のないビジネスモデルから始めたことです。このシリコンバレーの会社は2018年後半にソフトバンクから 3億7500万ドル調達時に主にロボット対応のピザ生産と配送に集中していた企業でした。この企業は偶然に Pivot Packagingという持続可能なパッケージ企業を買収した後、急に転身しました。

このリストからもう一つ分かったことはこうした資金支援を得たベンチャー企業にははっきりとした地理的ハブがないことです。よく融資した企業は複数の大陸から資金を集め、主要なテクノロジーハブとスタートアップの天国として知られていない都市にも分布しています。

なぜ今なのか?

持続可能なパッケージング企業たちは、かなり前から注目されるべきであったように思えます。結局のところ、誰もがプラスチックが無駄で環境に悪いことを知っているし、私たちが購入する無限の物をパッケージするために使用できる他の材料がたくさんあります。

しかし、変化は容易ではありません。強固なサプライチェーンと製造チェーンを破壊し、大規模な新しい材料とコンテナを生産し、環境に優しい梱包にもう少しお金を払うように求め、そのすべてを一気に調整することが難しいものです。

AgFunderの補助パートナーであり、食品サプライチェーンに注力しているSofia Martinez氏は、複雑さを増すのは包装に対する消費者の高い期待です。消費者は、再密封可能で電子レンジ対応で、食品を新鮮に保つ容器を探しています。

「この時点で消費者は製品の利便性を犠牲にすることはありません」と彼女は言った。「だから、パッケージングは持続可能なものであるだけでなく、長年にわたって実現してきた利便性と保存機能も満たす必要があります。」

しかし、より多くの主要な小売業者、飲食店、食品および消費者製品の生産者が持続可能な包装への投資とコミットメントを増やしているため、スペースは後押しされています。そして、それはスターバックスで手に入れる環境にやさしい紙ストローのような小さなステップを超えています。

彼らのエコゲームをステップアップする大企業もあります。例えば穀物ジャイアントのKelloggは10月に2025年の年末までに100%再利用可能、リサイクルや堆肥パ可能な包装材に移行することを目指していると発表しました。一方、消費材の総合企業であるUnileverは使い捨てのプラスチック材の使用を半減することを宣言しました。低コストを重視することで知られるウォルマートでさえ、自社ブランドの商品に完全にリサイクル可能な、再利用可能な、または堆肥化可能なパッケージを使用することを約束しています。また、たくさんの企業もこのリストにあります。

出口の可能性

持続可能な包装はまったく新しい分野ではなく、企業はこの点で数十年にわたってこの分野で革新を続けています。これは、最近のPivotを含む、一部の企業が買収企業の腕を抱きしめようとしています。

しかし、現在のところ、特に既存の包装会社が廃棄物削減パッケージの目標を達成するために顧客や政府から圧力を受けているため、出口を探し続けています。

持続可能な包装材の新興企業であるTemperPackは、マーケティング資料で次のように述べています。包装材の浪費は現在のごみの三分の一になりますし、その処理には毎年政府の数十億ドルの資金を使っています。削減方法を見つけることは賞賛に値する環境目標ですが、ますます賢明な財務上の決定のようにも見えています。

出典:crunchbase news