ニュース&コラム | 2020-01-21

Apple、AI-On-The-EdgeのスタートアップXnor.aiを約2億ドルで買収

シェア

Jason D. Rowley, January 16, 2020

水曜日、シアトルに拠点を置くエッジコンピューティング会社Xnor.aiはAppleによる買収が発表されました。

シアトルに本拠を置く技術出版物GeekWireによると、この取引は2億ドルの範囲でしたが、正確な数値は報告されていません。

Appleは、その点で、この問題について多くを語ることができませんでした。GeekWireからの取引について尋ねられたとき、同社は標準的な応答を提供しました。「Appleは時々小規模なテクノロジー企業を買収します。通常、目的や計画については話しません。」

Xnor.aiとはどんな会社なのか?同社のCrunchbaseプロファイルによると、その技術は「ディープラーニングモデルを電話、IoTデバイス、カメラ、ドローン、組み込みCPUなどのエッジデバイスで効率的に実行します。」

2019年5月の同社のWebサイトのアーカイブスナップショットは、その技術の基本を説明しています。「畳み込みネットワークの従来の深層学習モデルは、GPUで処理される32ビット精度の浮動小数点演算を使用します。これは通常、日常の製品ではコストがかかりすぎます。Xnorは精度を1ビットに下げ、XNORやpop-countなどのバイナリ演算を使用して処理します。これは低コストのCPUプラットフォームの標準命令です。

同社のウェブサイトでは、「[m] odelsには既に検出、認識、追跡、セグメンテーション、顔認識、シーン分類、ポーズ推定、画像強調、感情認識、音声コマンドが含まれています」と述べています。

Xnor.aiの研究者は、You Only Look Once(別名YOLO)と呼ばれるオブジェクト検出モデルを開発しました。これは、インターネットに接続されたホームセキュリティカメラ会社Wyseなどの企業顧客にライセンスを供与しました。

9to5Macの報告によると、Wyseは、「AIプロバイダーとの契約が予期せず終了したため、その人の検出機能が一時的に利用できなくなる」と顧客に語ったと報告しています。他の何人の顧客が買収の影響を受ける可能性があるかは不明です。

Xnorは、Appleが機械学習分野で行った最初の買収ではありません。2016年8月、Appleは同じくシアトルに本拠を置くTuriを約2億ドルで買収したと伝えられています。

Xnorは、2016年後半に、アリファーハディとモハメッドラステガリによって、アレンインスティテュートフォー人工知能(AI2)からのスピンアウトとして設立されました。AI2の最初の成功したスピンアウトはKitt.aiでした。Kitt.ai は2017年にBaiduに非公開で販売された自然言語処理ワークフローテクノロジー企業です。

Crunchbaseのデータによると、Xnorは以前のベンチャー支援で1460万ドルを調達した。最後のラウンドであるMadrona Venture Groupが率いる1200万ドルのシリーズA契約は、2018年5月に発表されました。

これは2020年のAppleの最初の開示された買収です。

出典:crunchbase news