ビジネスモデル

OakNorthの会社概要

金融業務
AI
FinTech
貸付
ファイナンス
銀行

2005年、私たちの共同創設者であるRishiKhoslaとJoelPerlmanは、3年前に設立した金融調査会社であるCopalPartnersという成長するビジネスをサポートするための運転資金施設を探していました。彼らは多くの大通りの銀行に近づき、同じ応答のバリエーションを取得し続けました–「コンピューターは「いいえ」と言います」。強力なキャッシュフローと顧客維持を伴う収益性の高いビジネスであるにもかかわらず、どの商業銀行も彼らに融資することをいとわなかった。銀行がビジネスの基本的な評価を行い、ニーズに合わせて金融施設を構築する際に発生するコストを相殺するには、チケットが小さすぎました。数か月後、機関投資家の特別な状況のデスクの1つを通じて、彼らは配当の要約のために100倍の負債を確保することができました。そのため、銀行の機関部門はそれらをサポートできましたが、銀行の商業貸付部分はサポートできませんでした。この経験は彼らに固執しました。 Copal Partnersを3,000人の従業員の事業に拡大し、2014年にMoody's Corporation(NYSE:MCO)に売却した後、OakNorthの立ち上げを通じて、直接経験した資金不足に対処し、MissingMiddleに力を与えることに着手しました。 。 OakNorth(ON)のCredit Intelligence Suiteは、銀行が顧客とのより深い関係を構築し、新しい、より収益性の高い機会を開くと同時に、従来のモデルよりも最大10倍速く、リスクを抑えて効率を高め、商業貸付を変革します。クレジットインテリジェンスは、ビジネス、ピアグループ、およびビジネス全体の複数のドライバーの自動化された継続的な分析を使用して、そのビジネスに固有の拡張的で動的なデータセットとシナリオに基づいて、貸し手に借り手の前向きなビューを提供するデータ駆動型テクノロジーです。より広い経済。これにより、独立した一貫性のある詳細なフレームワークが提供され、迅速な引受、即時のストレステスト、より機敏で的を絞った戦略的融資を可能にする深いコンテキスト洞察が提供されます。 250人以上のエンジニアリングおよびクレジットサイエンスチームによって5年以上にわたって構築されたONCredit Intelligence Suiteは、英国のオークノース銀行をROREと効率の点で先進国の銀行の上位1%に押し上げ、収益性の高い管理を可能にしました。数十億ドル規模の商業貸付ポートフォリオ-世界中の銀行が今実現できるメリット。このソフトウェアは、英国にあるオークノースの銀行に加えて、SMBC、PNC銀行、Customers Bank、米国のOld NationalBankとModernBank、ヨーロッパのNIBCとOIMIOなど、世界中の銀行によって展開されています。

In 2005, our co-founders, Rishi Khosla and Joel Perlman, were looking for a working capital facility to support their growing business, Copal Partners, a financial research firm they’d founded three years previously. They approached numerous high-street banks and kept getting variations of the same response – “the computer says ‘No’”. Despite being a profitable business with strong cash flow and retained clients, none of the commercial banks were willing to lend to them. It was too small a ticket to offset the costs the bank would incur in doing a fundamental assessment of their business and structuring a finance facility for their needs. A few months later through one of their institutional client’s special situations desk, they managed to secure 100x the amount of debt for a dividend recap. So, an institutional division of a bank was able to support them, but the commercial lending part of the bank was not. This experience stuck with them. After they’d scaled Copal Partners to a 3,000-employee business and sold it to Moody’s Corporation (NYSE: MCO) in 2014, they set out to address the funding gap they had experienced first-hand and empower the Missing Middle, through launching OakNorth. OakNorth’s (ON) Credit Intelligence Suite transforms commercial lending by helping banks build deeper relationships with their clients, open new, more profitable opportunities, whilst delivering credit decisions up to ten times faster than traditional models, with lower risk and greater efficiency. Credit Intelligence is a data-driven technology that gives lenders a forward-looking view of the borrower based on expansive and dynamic data sets and scenarios specific to that business, using automated, continuous analysis of multiple drivers across the business, its peer group and the wider economy. This provides an independent, consistent, detailed framework offering deep contextual insight that enables rapid underwriting, immediate stress-testing and more agile and targeted strategic lending. Built over five years by an engineering and credit science team of over 250 people, the ON Credit Intelligence Suite has propelled OakNorth Bank in the UK into the top 1% of banks in developed markets in terms of RORE and efficiency, enabling it to profitably manage a multi-billion-dollar commercial lending portfolio - benefits that banks across the world can now realize. In addition to OakNorth’s own bank in the UK, the software is also being deployed by banks around the world, including: SMBC, PNC Bank, Customers Bank, Old National Bank and Modern Bank in the US, and NIBC and OIMIO in Europe.

財務資本

ステータス private
主要拠点 London, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
設立 2015
従業員数(推定) 501
累計調達額 $1040 M
連絡先
Webサイト https://www.oaknorth.com

ZUVAとは
成長産業動向調査、世界のビッグテック企業が注目する産業調査
世界の有望スタートアップの発見、新規事業のネタ探し、新規事業創造できるサービス

特徴 1

世界最大規模データの網羅性
スタートアップ100万社
ヒト、モノ、カネ、+α情報をデータベース化

スタートアップの中心であるアメリカを中心に成長著しい中国など米中のスタートアップデータを充実させている企業。中国最大のスタートアップ特化型データベース企業、企名片(QMP)社と日本における独占契約を締結。

特徴 2

AIなどの技術を活用した
サービスアプリケーション

IT革命以降約20年、世界中で成立する年間約5万件の投資買収活動およびニュースなどを分析し、時系列変化を加味しながら、独自に約700の産業に分類、その関係性のネットワーク化をしている

特徴 3

国内外の提携パートナー
と新規事業創造支援

シリコンバレー、北京、深セン、東京にて、クロスボーダーで 事業パートナーを探す、スタートアップと協業したいなど、様々なご要望に対する支援体制を構築。