ビジネスモデル

CareAcademyの会社概要

教育
トレーニング
在宅医療
健康管理

CareAcademyは、エビデンスに基づくオンラインクラスを提供するB2Bプラットフォームであり、ダイレクトケアワーカーが優れたケアを提供し、自宅での生活を向上させるのに役立ちます。 CareAcademyは、50州すべてのライセンス要件、個々の介護者に至るまでのコンテンツニーズ、および従業員へのテキスト通知をナビゲートする独自のキュレーションプラットフォームを通じて提供され、全米で40000人の介護者を認定しています。ハイタッチのコーチングと優れたカスタマーサービスにより、高齢者と一緒に働くプロの介護者をサポートします。彼らのオンラインクラスは、栄養から、自宅で自立して生活する高齢者の能力を保護することまで多岐にわたります。彼らは介護者に優れたケアを提供する新しい方法を教え、雇用主に安心を与え、在宅介護機関と協力して介護者が認定され準備されていることを確認します。 2013年にHelenAdeosunによって設立され、乳母や高齢者の介護者として問題や困難に直面しました。

CareAcademy is a B2B platform providing evidence-based online classes to help direct care workers provide excellent care and improve their lives at home. Delivered through a proprietary curation platform that navigates licensure requirements in all 50 states, content needs down to individual caregivers, and text notification for employees, CareAcademy has certified 40000 caregivers throughout the US. By high touch coaching and excellent customer service, it supports professional caregivers who work with older adults. Their online classes range from nutrition to protecting seniors' ability to live independently in their homes. They teach caregivers new ways to provide excellent care, give employers peace of mind, and work with home care agencies to ensure that their caregivers are certified and prepared. It was founded in 2013 by Helen Adeosun while encountering issues and difficulties as a nanny and caregiver of older adults.

財務資本

ステータス private
主要拠点 Cambridge, United States of America
設立 2013
従業員数(推定) 51
累計調達額 $13 M
連絡先 hello@careacademy.com
Webサイト http://www.careacademy.com/

ZUVAとは
成長産業動向調査、世界のビッグテック企業が注目する産業調査
世界の有望スタートアップの発見、新規事業のネタ探し、新規事業創造できるサービス

特徴 1

世界最大規模データの網羅性
スタートアップ100万社
ヒト、モノ、カネ、+α情報をデータベース化

スタートアップの中心であるアメリカを中心に成長著しい中国など米中のスタートアップデータを充実させている企業。中国最大のスタートアップ特化型データベース企業、企名片(QMP)社と日本における独占契約を締結。

特徴 2

AIなどの技術を活用した
サービスアプリケーション

IT革命以降約20年、世界中で成立する年間約5万件の投資買収活動およびニュースなどを分析し、時系列変化を加味しながら、独自に約700の産業に分類、その関係性のネットワーク化をしている

特徴 3

国内外の提携パートナー
と新規事業創造支援

シリコンバレー、北京、深セン、東京にて、クロスボーダーで 事業パートナーを探す、スタートアップと協業したいなど、様々なご要望に対する支援体制を構築。