ビジネスモデル

Deezerの会社概要

アプリ
ウェブ開発
音楽ストリーミング
音楽

Deezerは、世界中の1,400万人のアクティブユーザーを5,300万を超えるトラックに接続しています。 Deezerは、世界180か国以上で利用可能であり、あらゆるデバイスで最も多様なグローバル音楽ストリーミングカタログに即座にアクセスできます。 Deezerは、Flowを備えた唯一の音楽ストリーミングサービスです。これは、すべての古いお気に入りと新しい推奨事項を1つの絶え間なく変化するストリームに独自に組み合わせたものです。直感的で独自のアルゴリズムに基づいており、音楽を愛する人々によって作成されたこの場所は、あなたに合わせた新鮮な発見とともに、すべての音楽を連続して聞くことができる唯一の場所です。 Deezerは、スマートフォン、タブレット、PC、ラップトップ、ホームサウンドシステム、コネクテッドカー、スマートTVなどのお気に入りのデバイスで利用できます。 Deezerは、2006年8月に[Jonathan Benassaya](http://www.crunchbase.com/person/jonathan-benassaya)と[Daniel Marhely](http://www.crunchbase.com/person/daniel-marhely)によって設立されました。 。

Deezer connects 14 million active users around the world to over 53 million tracks. Available in more than 180 countries worldwide, Deezer gives instant access to the most diverse global music streaming catalogue on any device. Deezer is the only music streaming service with Flow, the unique mix of all your old favorites and new recommendations in one ever-changing stream. Based on an intuitive, proprietary algorithm and created by people who love music, it’s the only place to hear all your music back-to-back with fresh discoveries tailored to you. Deezer is available on your favorite device, including smartphone, tablet, PC, laptop, home sound system, connected car or smart TV. Deezer was founded by [Jonathan Benassaya](http://www.crunchbase.com/person/jonathan-benassaya) and [Daniel Marhely](http://www.crunchbase.com/person/daniel-marhely) in August 2006.

アドバイザー

財務資本

ステータス private
主要拠点 Paris, France
設立 2006
従業員数(推定) 501
累計調達額 $532 M
連絡先 pr@deezer.com
Webサイト http://www.deezer.com

ZUVAとは
成長産業動向調査、世界のビッグテック企業が注目する産業調査
世界の有望スタートアップの発見、新規事業のネタ探し、新規事業創造できるサービス

特徴 1

世界最大規模データの網羅性
スタートアップ100万社
ヒト、モノ、カネ、+α情報をデータベース化

スタートアップの中心であるアメリカを中心に成長著しい中国など米中のスタートアップデータを充実させている企業。中国最大のスタートアップ特化型データベース企業、企名片(QMP)社と日本における独占契約を締結。

特徴 2

AIなどの技術を活用した
サービスアプリケーション

IT革命以降約20年、世界中で成立する年間約5万件の投資買収活動およびニュースなどを分析し、時系列変化を加味しながら、独自に約700の産業に分類、その関係性のネットワーク化をしている

特徴 3

国内外の提携パートナー
と新規事業創造支援

シリコンバレー、北京、深セン、東京にて、クロスボーダーで 事業パートナーを探す、スタートアップと協業したいなど、様々なご要望に対する支援体制を構築。